2016年12月14日

オスプレイの事故

昨日の夜、夜間飛行訓練をしていたとみられるオスプレイが
海上へ不時着するという事故がありました。

在日米軍の滞在に反対という人にとっては好都合な事故なの
かもしれませんが、ちょっと待ってください。



たしかに、アメリカ国内では何回も墜落事故を起こしている
のがオスプレイという特殊な航空機です。

ヘリとプロペラ機との両性を持つ特殊機で、うまく運用すれ
ば大変便利な機体ではあるのです。

問題なのは、ヘリモードから主動力の飛行モードへ変換する
際に起きる変調ですね。機体バランスをうまくとらないと、
事故に直結するのでしょう。



しかし、奇妙なことに、ネット上でオスプレイを禁止すべき
と主張している人の中に、原発推進派がいることです。

また、カジノはダメでもパチンコを禁止にせよとは言わない
人も、おられるから不思議ですね。



今回の事故は不時着であって墜落事故ではありません。

なぜなら、乗員に死者はなく、2名が軽い怪我で済んでいる
からです。

よく考えてみましょう。車の運転を習い始めたとき、あちこ
ちぶつけたり脱輪させたことはあるでしょう。そのための訓
練であって、ベテランのオスプレイパイロットが起こした事
故ではないのです。



とはいえ、沖縄の人々にとっては、いつ素性から落ちてくる
のかと心配なことでしょう。

しかし、訓練飛行だからこそ海上で行っていたのであり、今
回の事故に限っては、目くじらを立てるほどのこととは思え
ません。

民間機だって事故を起こしますし、自家用車の事故は日常的
なのです。

ただし、子竜が原発だけに反対しているのは、事故発生時の
被害の大きさが比較にならないからなのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:オスプレイ
posted by 子竜 螢 at 18:45| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。