2016年12月19日

所有を根本から見直してみる

可処分所得が年々減り続けていますよね。その原因は、
給与が増額されない上に、社会保障費などの負担が増え
ているところにあります。

ならば、どこまで節約できるかといえば、節約できそう
な項目は、そう多くないのです。



家計支出のうち、もっとも大きなものは住宅と自家用車
の維持費ではないでしょうか。

どちらも毎年税金が課せられる上に、修理費用がバカに
はなりませんし、車検や保険料も必要です。



一方、賃貸生活になりますと家賃の負担ということにな
るのですが、よほどのことがない限り、家賃が値上げさ
れることはありませんし、建物の修繕は大家さんの負担
です。

また、自家用車の保有をやめて動力付きの自転車にしま
すと、健康にも良い上に、ガソリン代だって必要なくな
ります。

ある保険会社の試算では、自家用車の保有をやめると、
月額3万円が浮いてくるとか。

駐車場やガレージを借りているのなら、その分も上乗せ
ですから、バカにできない金額になります。



もちろん、住宅ローンを何十年も払っていく上で税金や
修繕費用がいずれは重なってきます。

賃貸なら好きなときに便利な場所へ引っ越すことができ
ますが、持ち家ですと近所との交際費用や役回りの引き
受け負担などもあるでしょう。



結論から申しますと、何も所有しないのが一番いい。

しかし、田舎で暮らすには両方とも必要なので、なかな
か勇気の要る選択かもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:住宅  自家用車
posted by 子竜 螢 at 20:34| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする