2016年12月25日

GDP27位の日本

日本のGDPはアメリカと中国に次いで世界第三位です。

しかし、国民一人当たりでみますと、27位と低迷している
のですが、戦前の1939年をモデルに計算した人によります
と、世界で第六位だそうなので、少々驚かされます。



以前は国民総生産のGNPという経済指標が用いられてお
りました。海外へ進出している企業の分も加えたものです。

しかし、グローバル経済の世の中となって、その指標では
国内の実態とは合わなくなってきたので、国内総生産であ
るGDPが経済指標の主流となりました。

これには日本へ進出している外資系の企業生産も含まれま
すので、国内の景気を表す指標としてはより現実味があり
ます。

でも、それを人口で割り算するというのは、いかにも乱暴
なことではないでしょうか。その結果が世界で27位だから
です。



日本へ進出している外資系企業の分も人口で割り算。しか
も、研修生などの名目で出稼ぎに来ている安月給の外国人
の分まで人口で割り算をしています。

一方、大手の製造業は人件費の安い国に工場を移していま
すので、GDPですら実態に合わなくなっているのではな
いでしょうか。



国民一人当たりの数値を求めると、老人大国になりつつあ
る日本はかなり不利でしょう。

日本人の生産性が落ちているという指摘は、計算の基準が
間違っているとしか思えませんね。

実際に働いている人の数で割り算をしたなら、おそらく日
本はトップではないかと思います。

なぜなら、おもてなしの心による付加価値が、他の国とは
比べものにならないほど違うのですから。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 17:37| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。