2016年12月27日

大工の第九

年末の恒例行事にはいくつかあります。清水寺の漢字ひと
文字や今年の十大ニュースなど、いろいろありますね。

ベートーベンの第九コンサートも、いまではすっかり年末
の恒例行事として定着しました。



第九が年末に演奏されるのは日本だけだといいますが、な
ぜ第九なのかは知りません。

でも、年末にふさわし曲として、これ以上のものも知りま
せん。紅白歌合戦の裏番組で第九のコンサートを放送して
いるのなら、迷うことなく第九を聴きたいと思います。



地元でも毎年第九のコンサートがあるのですが、合唱団員
をずっと前から募集していまして、今頃は最後の仕上げに
オーケストラとの合同練習をしているのでしょう。

今年は知人で大工をしている男性が合唱で参加するという。
まさに大工の第九なのですが、本人も笑っておりました。

しかし、一生に一度は年末第九に参加したかったとのこと
でして、晴れやかな気分で近年を迎えることでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:第九
posted by 子竜 螢 at 20:17| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする