2017年01月06日

日韓通貨スワップの中断

韓国側から申し入れのあった日韓通貨スワップ協議が、
日本側としては中断する意向が伝えられました。

釜山の領事館通りに慰安婦像を設置しようとする韓国
の市民団体が、すべてをブチ壊したのです。



以前に結んでいた通貨スワップ協定では、期限切れの
寸前に日本側から延期の打診をしたにもかかわらず、
韓国側はその必要がないとさえ言ったのです。

なのに、あらためて協議したいとの要請に日本の政府
が応じたものの、慰安婦に関する協定違反ともとれる
行為があっては、さすがに継続は難しいでしょう。



通貨スワップとは、貿易の代金決済をする際に、ドル
などの国際通貨が不足していて決済不能であれば融通
し合うという協定です。

実質的には日本が融通してもらう場面などはなく、主
に韓国の決済能力不足を懸念した、ほとんど一方的に
援助する協定でしかありません。

なのに、延期を拒否したかと思えば泣きついてきて、
さらには虚偽にまみれた慰安婦像の設置とあっては、
ただのダダっ子ですね。



北からの脅威に常に晒されている韓国です。南の日本
に喧嘩を売るような真似をして、イザというときにど
こへ逃げようというのでしょうか。

西の中国にも見放されつつありますし、行き場がない
ことを理解しているのでしょうか。

日本が通貨スワップに応じなければ、韓国は貿易決済
が不能となり、確実に国際信用力を失います。

すなわち、韓国へ輸出しようという国はなくなります
し、韓国産のものも受け入れがたくなってしまうので
しょう。



韓国人が反日思想を完全に捨て去るまで、援助する必
要などありますまい。

それとこれとは話が別、と言いたいのでしょうけれど、
総合して考えるのが大人の判断であり、政治というも
のではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:34| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする