2017年01月07日

日韓通貨スワップの中断 2

日韓通貨スワップの協議は、大使の引き上げという日本側
の断固とした処置で中断となりました。

大使を引き上げるというのは戦争寸前の状態を意味するも
のであり、韓国側がそれ相応の誠意を見せなくてはならな
いところまで来ています。



日韓合意によって、慰安婦像の撤去に努力する旨の約束が
あったにもかかわらず、釜山の領事館前に慰安婦像が新設
されたというのは、明らかに合意違反です。

日韓合意では、日本側が元慰安婦という女性たちのために
10億円の基金を拠出しているのですから、金銭サギでもあ
るでしょう。

さらには、外国公館の品位を貶めてはならないというウィー
ン条約にも違反しております。

さすがに、この件に関しましては、一部の反日団体を除いて
沈黙しているようですね。



しかし、日韓合意を仲介したアメリカは、今回の日本側の
措置を当然として受け止めており、同じ反日の中国ですら
事実のみを伝えて反日的なコメントを控えております。

一度、デフォルトという支払い履行不能に陥らないと、わ
からないのかもしれませんね。

安倍政権が安易な妥協をしないよう、期待します。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 23:04| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。