2017年01月10日

年賀状不要論

子竜が年賀状を出さなくなってから10年くらい経ちます。

いただく年賀状はありますが、出さないからといっての
不都合を感じたことはありません。

なかなか会えない人の近況を知りたければ、電話をして
みればいいと思うのです。



だからといって、日本の伝統を重んじる考えに変わりは
ありませんよ。今の年賀状のスタイルは日本の伝統だと
は考えていないのです。

本来、状、というのは折りたたまれた手紙文のことであ
り、封書にするのが正しい。年賀はがきは簡略したもの
に過ぎず、ならばいっそ、本当に出したい人だけが出せ
ばいいと思うのです。

儀礼的な意味での年賀状など、受け取ったほうも嬉しく
はないでしょう。



さらには、印刷されたものに温もりは感じませんし、昨
年のうちに書いて投函するなど、おかしいと思わないの
でしょうかね。

郵便配達の人たちだって、正月くらいは休みたいのです。



などなど、出さない理由を正当化するための理由を列記
いたしましたが、本当の理由は他にあります。

かつてサラリーマンだったとき、おまえは字がきれいだ
から、という理由で、取引先1000社ほどの宛名書きを毎
年させられていたのです。

通常業務の他にですよ。

もちろん、残業になりますし、忘年会などに出席する時
間もなくなって、家の大掃除だってできません。まだ宛
名ラベルなんてない時代のことでして、すべてが手書き
だったのです。

年賀状を見るのも嫌、というのが本音のところなのです。



まあ、それでもお孫さんから届いた年賀状は嬉しいかも
しれませんし、写真を眺めると心が和むかもしれません
ね。

年賀状のすべてを否定しているのではなく、儀礼的なも
のを廃止するのは、個人の決断ひとつでできることでは
ないでしょうか。

そういえば、配達枚数は8年連続で減少しているそうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 20:09| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。