2017年01月13日

13日の金曜日

キリスト教信者ではないので、13日の金曜日が意味する
ところは、同名の映画でしか知りません。

あまり良いことが起きない日だろうって程度です。



韓国の元慰安婦支援団体が調べたところによりますと、
韓国国内の慰安婦像は37体あるらしい。

ところが、60体にまで増やすといいますから、外交関係
を無視した行いには呆れ果ててしまいます。

しかし、韓国では少女像という名称を使っておりまして、
なぜか日本のマスコミもいつの間にか少女像に変わって
いますよね。

ここが最大の問題なのですよ。



第二次世界大戦に参戦した国の軍隊は、いずれも慰安婦
を用意しておりました。

種の保存本能が働いて、生きるか死ぬかの瀬戸際である
戦場では、自分の遺伝子を残そうとして性欲が高まると
いう研究結果があるほどですからね。

日本軍だけが特別だったわけではありません。



しかも、大半の女性は元々そういう仕事に就いていたこ
とが判明しておりまして、無理やりだと主張している人
は、韓国人の女衒に高収入の仕事があるからって騙され
たのです。

当時の日本政府も軍隊も、慰安婦の徴用にはかかわって
おりません。

少女像という名称は、いかにも無垢な女性を拉致したご
とくの印象を植え付けるための操作です。



実際にも、現代ですら世界中の売春婦のおよそ半数がか
の国の女性たちであり、その半数が日本で裏の商売をし
ていると言われております。

ならば、慰安婦宣伝像なのかもしれませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:慰安婦像
posted by 子竜 螢 at 18:29| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。