2017年01月23日

日本人横綱

大関稀勢の里が優勝を飾りましたね。横綱白鵬を直接対決
にて退けての優勝ですから、喜びも大きいかと思います。

もちろん、横綱への昇進が審議されるはずでして、早けれ
ば25日には横綱昇進が決定されるようです。



とはいえ、横綱昇進への規定には達していないのも事実で
して、二場所連続で優勝に絡んではいないのです。

加えて、本場所では横綱と大関陣に休場者が多かったこと
から、もう一場所様子をみようという声もあります。



されど、大相撲ファンが待望している日本人横綱の誕生に
ケチを付ける真似だけはしないでほしいと思います。

なぜなら、国技と称している以上、日本人横綱がいなくて
は様にならないでしょうし、過去には基準に満たない昇進
がいくらでもありました。

いや、稀勢の里に限って言いますと、白鵬の連勝記録を二
度もストップさせたこともあり、実力的には申し分ありま
せん。



はたして、どのような裁定となるのでしょうか。

横綱審議委員会の良識ある判断を期待いたします。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:稀勢の里
posted by 子竜 螢 at 11:16| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする