2017年01月31日

カジノとギャンブル依存症

カジノを含む大型リゾート法案が可決されてから、ギャン
ブル依存症に対する論議が活発になってきました。

日本のカジノがどういう形で運営されるのかはまだ定かで
はありませんが、少なくとも。パチンコ依存症になってい
る人数ほどには影響はないでしょう。



パチンコをギャンブルと認識した場合、世界のギャンブル
依存症人数のおよそ半数が日本人もしくは日本に住む人と
いうことになります。

IR法案の可決でギャンブル依存症が増えるだなんて叫ぶ
議員や政党は、パチンコ禁止法案を提出してほしいもので
すね。

パチンコ店はどこにでもあって気軽に行けますから、依存
症になりやすいのです。

しかし、家事のは違います。総合リゾートですから、一定
以上の敷地がないと作れませんし、世界的には服装なども
入場する際に厳しいチェックを受けるのです。

また、カジノでは高額な入場料を徴収されます。8000円ほ
どでしょうか。そのために、庶民が何度も足を踏み入れる
ことはできません。



カジノを設置するなら依存症対策の医療制度も充実させよ
という要求は、本末転倒なのです。

もっとも依存症患者の多いパチンコを禁止すればいい。

もしくは、遊戯という位置づけなのですから、ボーリング
などと同じで景品の提供を禁止すればいい。さすれば換金
できませんからギャンブルではなくなります。

遊戯の中で、パチンコだけが景品提供できるなんて、そも
そもがおかしいのです。

ギャンブル依存症の種は、早いうちに摘み取っておかなく
てはならないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 16:41| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする