2017年02月03日

節分豆まき

節分は季節の変わり目を意味していますので、本来は4回
ありました。

しかし、冬から春に変わる節目の節分は新年を迎える意味
もあって、特別に残っているようです。



節分といえば豆まきですよね。

「鬼は外 福は内」が一般的なのですが、京都の大原神社
では、「鬼は内 福は外」と掛け声します。

どうやら、鬼は神社で預かって、福を氏子のところへ行く
よう願ってのことだとか。

ほかにも、全国には風変わりな掛け声があるようでして、
どちらも内、どちらも外というのもあるそうですね。



そういえば、全国の渡辺家では豆まきをしないそうですね。

これは、渡辺綱が鬼退治をしたという伝説をもとに、渡辺
家には鬼が怖がって来ないので、必要ないそうなのです。

鬼役の若いお父さん。頑張ってください。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:節分
posted by 子竜 螢 at 14:33| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。