2017年02月04日

少女像か慰安婦像か

政府とマスコミ各社は、従軍慰安婦をモチーフとした
女性の像を、「少女像」から「慰安婦像」へと呼称を
統一するという。

少女を強制拉致して慰安婦にしたという悪いイメージ
から脱却しようとの狙いですが、むしろ逆効果でと思
うのです。



「少女像」のままであれば、慰安婦とは何の関係もな
いと言い張れるのに、わざわざ「慰安婦像」にするの
は、何のためでしょうか。

「少女像」を韓国人が積極的に建立しようとするなら、
日本側は「少年像」を同じだけ建立して対にしてはど
うだろうか。

いや、ベトナムに同じ「少女像」を建立してあげよう。

その象を韓国人が「慰安婦の像」だと言えるだろうか。



韓国側が「少女像」という呼称を使っているなら歴史
問題とは無関係であるし、「従軍慰安婦」をモチーフ
にしていると主張するなら、日本兵と性行為をしてい
る少女の像を韓国各地に建立してくれと頼めばいい。

歴史を捏造する奴らに、まともな対応など必要なかろう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:従軍慰安婦
posted by 子竜 螢 at 17:03| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする