2017年02月24日

幹部候補募集はブラックの疑いあり

最近になって、なにかと人手不足が深刻になってきたようで
して、とくに接客業での求人広告が目立ってきました。

その中で、パートやアルバイトのほかにも幹部社員候補の募
集が混ざるようになってきまして、かなりの高給を謳ってい
るケースもあります。



しかし、うっかり飛びつきますと、大変かもしれません。

いいえ、すべての募集を疑うわけではないのですが、実例が
たくさんあるので、どうしても疑いたくなるのです。

そもそも、幹部って何歳くらいからが適任だと思いますか。

まさか、20代前半の人が適任だとは思わないでしょう。人を
束ねるのは人生経験をある程度積まないと、うまくいかない
ものなのです。

たとえば40代の人が20代前半の人の指示に、どこまで心底か
ら従うでしょうか。

なのに、幹部候補社員の募集は大抵20代前半になっています。



つまり、あくまでも候補なのでして、実際に幹部として登用
される人数は限られてきます。

したがって、候補社員同士がノルマで競わされたりしますか
ら、高給に惑わされると大変なことになるかもしれませんよ。

もっとブラックな企業では、謳ってある高給は幹部になって
からのものだと言い張りますから、面接のときにはしっかり
と確認して、書面にしてもらうほどの注意が必要でしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:幹部候補社員
posted by 子竜 螢 at 15:14| Comment(1) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。