2017年03月07日

人材不足倒産が現実になりつつある

かつて、企業の倒産の大きな原因は、連鎖によるもの、と
放漫経営が多数を占めておりました。

しかし、近年はサービス業種を中心として、人材不足が深
刻になってきております。人手不足倒産という言葉が定着
しそうな勢いなのです。



有名外食チェーンが、夜中の働き手不足によって看板にし
ていた24時間営業を取りやめたなんて、まだまだ序の口な
のです。

ある調査では、企業の44パーセントが、なんと正社員不足
を感じているという。

派遣社員やパート社員では職務遂行の責任感が違いますか
ら、今になって正社員の少なさを痛感している企業が半数
近くもあるということです。



これからも当分は少子化が続きます。介護が必要な老人が
増えますので、一般企業で働ける人は今よりも減少します。

だから移民を受け入れろという意見が台頭するのは無理も
ありません。

が、足りないのは、パートや派遣や研修生ではなくて、日
本人の正社員なのです。

かといって、賃金をアップするだけでは人は集まりません。

面接官が逆に面接されているような質問を学生さんたちが
浴びせる日は、そほど遠くないのかもしれませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:人手不足
posted by 子竜 螢 at 22:34| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。