2017年04月10日

リベラルではないのだが。。。

このブログを読んでくれている友人から、しばしば指摘
されることがあります。

右系だと思っていたけど、意外とリベラルなんだね、と。



いいえ、右でも左でもありません。ただ、最近政府が提
案している法案がおかしなものばかりなので、つい批判
敵にならざるを得ないのです。

また、野党の不甲斐なさにも腹立ちを覚えております。
国会という重要な立法の場で、森友学園問題ばかりやっ
ているのはどうかと思うのですよ。

ある程度のところで切り上げて、後は司法に任せるとい
うのが正しいのではないでしょうか。

さもないと、三権分立ではなくて、立法と司法の区別が
なくなってしまいます。



とはいえ、自公勢力が圧倒的に強い今、野党に何ができ
るかといえば、反省と改革ではないでしょうか。

与党批判だけでなく、自らを反省して改革に乗り出す。

もう少し緊張感のある国会にするためにも、与野党伯仲
の情勢にするためにも、野党のみなさんにはレベルアッ
プしていただきたいと思います。

サラリーマン化した国会議員なんて、不要なのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:リベラル派
posted by 子竜 螢 at 12:14| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

テロ等準備罪の問題点

国会は、森友学園問題のほかにも、ふたつの法案をめぐっ
て右往左往しております。

共謀罪とテロ等準備罪ですね。



共謀罪のほうは、犯人と一緒に悪巧みをした者を処罰する
のですから、わかりやすいし理解も得られるでしょう。

しかしながら、テロ等準備罪については、法案を提出した
政府側もよくわかっていないほどでして、閣内統一はおろ
か、自民党内でも解釈がまちまちなのです。



この法案がもっとも問題視されるのは、テロの実行に至っ
ていない者を、逮捕したり処罰を与えたりできるのか、と
いう点でしょう。

さらには、テロ等と、等が付いていることでいかようにで
も拡大解釈される恐れがあることです。

テロの定義も曖昧なままでは施行できません。



世界各地で起きている無差別な爆破事件を未然に防ぐとい
う立法主旨なのはわかるのですが、等を外しても主旨には
沿っているのですから、拡大解釈されそうな文言は削除す
るべきなのです。

仮に、すべての法律に等を付けるとどうなるでしょうか。

殺人等をなしたる者は死刑等または無期懲役等に処する。

こんな不明瞭な法律があってはならないのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:テロ等準備罪
posted by 子竜 螢 at 20:09| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

米軍のシリア攻撃

世界のいくつかの紛争地の中で、シリア情勢だけが混沌
の中にあります。

政府軍と反政府軍による内戦だけでなく、ISとの戦い
もあって、アメリカとロシアとの利害がもっとも対立し
ている問題でもあります。



先日、化学兵器サリンによるテロ事件が発生しました。

アメリカ軍は地中海の駆逐艦から59発のトマホーク巡航
ミサイルをシリア空軍の基地へ撃ち込んだのです。

折りしも、トランプ大統領の別荘で米中首脳会談が行わ
れている最中でして、攻撃の当時、アメリカは深夜です。

つまり、中国の習近平国家主席が眠っている間の出来事
だったのです。



攻撃の成果はといえば、威力の低い巡航ミサイルですか
ら、さほどのみとは期待していなかったでしょう。

しかし、ロシアと中国への牽制にはなったはずで、こと
に北朝鮮問題に関しては、中国が同意せずとも軍事行動
をするという強いメッセージになったでしょう。



この攻撃に習近平氏は理解を示したと報じられております。

が、内心では、首脳会談中に攻撃命令を伝えているトラン
プ大統領への警戒感は強まったことでしょう。

さらなる何かが起こりそうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:シリア情勢
posted by 子竜 螢 at 21:19| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

クレーマーにされてしまった

ファミレスなんて、年に何回行くだろうかという程度で
しかも深夜に初めて行ったときのことです。

食事のセットメニューを食べていざ会計というときです。
メニュー表に書いてあった税込み料金よりも高いのです。



レジにいたのはまだ若い女性店員でした。料金が違うの
ではないかと申しましたら、こんな答えが返ってきまし
た。

「こういう店では、深夜料金が加算されるのが常識です」

なぬー! まるで常識のない客だと言っているのです。

「そんなことは、メニュー表のどこに書いてあるのだ?」
すると、レジの店員がメニュー表をパラパラとめくって
ここです、という。

たしかに書いてありました。

しかし、最後のページのドリンクバーのところだけでして、
ドリンクバーなんぞに興味がないので見ていないのです。

「これじゃ、ドリンクバーだけの深夜料金設定でしょう。
全ページに書かれていないから、客が知らなくて当たり前
ではないですか」

「もういです。代金はいりませんから出て行ってください」



結局、払わずに帰ると本物のクレーマーにされてしまいます
から、請求されていた分は払って、店を出ました。

しかし、料金表示の不備を棚に挙げてクレーマー扱いされ
たのには今でも腹が立ちますし、常識のない人間だと認定
されたのにも怒りを感じます。

何ページもあるメニューの、最後のところにだけ深夜料金
二割り増しだなんて謳ってあって、しかもドリンクバーの
みの料金設定みたいな感じに書かれていたのですが、文句
を言う客はすべてクレーマー扱いされるのですかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:クレーマー
posted by 子竜 螢 at 17:36| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

ミサイル発射実験の失敗

北朝鮮が、またもミサイル発射実験を行ないました。

しかし、今回のミサイルは60キロほどしか飛ばず、明らか
に失敗だったものと思われます。



今回の発射実験は、米中首脳会談で北朝鮮に対する対処が
話し合われるのがわかりきっているので、米中両国に向け
た威嚇だったのでしょう。

さらには、人民代表会議が控えておりますし、金日成生誕
105周年の行事も15日に控えております。

景気良く行きたかったところでしょうけれど、いつものよ
うな派手な自画自賛な報道はありませんでした。



そもそも、北朝鮮が発表している映像で見る限り、ミサイ
ルの大きさからしても、核兵器の小型化にはまだ成功して
いないようです。

また、二段目の点火がスムーズではなく、その時点で爆発
しそうな感じでもあります。



現段階ではアメリカもさほど脅威には感じていないでしょ
うけれど、実験が成功する度に軍事力の行使が現実へとな
りつつあるのを、北の指導者さんはわかっているのでしょ
うか。

米中首脳会談の結果によっては、アメリカは即座に手を下
すかもしれませんよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 22:51| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

バチカンの衛兵

ローマへ旅行するなら、絶対に見逃せない訪問先として
バチカンがあります。

バチカンは一応独立国なのですが、中世を思わせる衛兵
の甲冑がなんともいえません。



バチカンの衛兵を務めるのは、代々スイスの軍人さんた
ちです。

そしてこの度、オーストリアの職人兄弟によってプレー
トアーマー式の甲冑が新調されました。

制作した兄弟によりますと、200年は持つそうです。



西洋貴族の家に飾られている甲冑を実際に着用してバチ
カンの護衛にあたっているスイス兵さんたちには、頭が
下がります。

まさしく、歴史を重んじるバチカンならではの光景です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:バチカン
posted by 子竜 螢 at 23:56| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

こども保険というまやかし

自民党の小泉進次郎氏が中心となって、こども保険なる
ものの創設が検討されております。

年金保険料に上乗せした保険料で、子供のいる世帯に給
付をし、学費の無償化を図ろうとするというものです。



まあ、端的にいえば、国民全員で子供たちを養おうとい
う政策でして、更なる少子化に向けた対策ではあります。

年間出生数がついに100万人を切りましたので、少子化
は加速度的に進んでいるのです。



しかし、少子化の原因は、子育てにお金がかかるという
だけが理由なのでしょうか。

段階の世代の親たちは、もっともっと貧しい時代に沢山
の子を産み育てました。

また、未婚率を改善しませんと、根本的な解決にはなら
ない気がします。



いや、話をこども保険に戻しましょう。

健闘されている制度では、保険と呼ぶのにふさわしくあ
りませんね。ただの税金です。

保険というのば、予期せぬ事態に遭遇した場合、金銭的
に補ってきれるのが保険なのです。広く徴収して配分す
るだけなら、こども税でしょう。

名称などどうでもいいのですが、世代間の新たな不公平
を生む制度でもありますね。世代間に限らず、未婚の人
や高齢者の理解が得られるとは思えません。



子育てにはお金がかかる、というのは事実でしょうけれ
ど、一流大学を出て一流の企業に就職、もしくは官僚に
させるというのが子育て方針の前提であれば、それは個
々の親が負担すべきものです。

昔は中卒で一流の料理人や職人を目指しましたし、誰も
名前を知らない大学にまで行こうなどとは思いませんで
した。

独立起業するために、ターゲットの業界で働いたのです。



少子化は金銭では解決しません。

そんなことは、段階の世代の人以上なら知っています。

こども保険は、どこかズレを感じて仕方がありませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:こども保険
posted by 子竜 螢 at 19:39| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

ついにアメリカ軍が動き出した

金正男氏の暗殺をきっかけにアメリカ軍ではなんらかの
動きがあるだろうと読んではおりました。

が、ついに戦略空軍が動き出したようなのです。



北朝鮮側の発表によりますと、アメリカの戦略爆撃機、
B−1Bが先月の15日以来、韓国と北朝鮮の国境付近ま
で5回飛来し、のべ9機が発進基地のグァム島へ引き返す
という訓練を行ったという。

この情報は韓国も認めており、アメリカからの正式な報
道はなものの、核兵器を搭載可能な戦略爆撃隊の飛行訓
練が実地の任務を想定して行われていたことで、もは
や疑う余地がなくなってきました。

おそらく、こうした威嚇の間に北朝鮮が核開発の断念や
ミサイル発射訓練の凍結を行いませんと、重大な状況に
陥るものと考えられます。



金正恩氏はミサイル発射の成功に喜んでいるようですが、
成功して飛距離が伸びるごとにアメリカは危機感を募ら
せて、軍事的な先制攻撃をする可能性が高くなることに
気付かなくてはなりません。

おそらく、アメリカ政府は中国との協議の最中であり、
なんらかの合意に至れば、中国軍も地上兵力を侵攻させ
て、北朝鮮の現体制を崩壊させるかもしれません。

事実、中朝国境付近にはこれまでにない規模の中国人民
軍の集結が報じられております。

Dデイはいつなのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:B−1B
posted by 子竜 螢 at 22:49| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

平凡な手が最善

何年も前にプロの囲碁棋士から聞いた話です。

勝負の世界では、とかく奇手や妙手がないかと模索する
ものなのですが、平凡な手を打ち続けることこそが最善
だといいます。



人は何かに困ったとき、なにか良いアイディアはないも
のかと考えますよね。

しかし、苦しい現状を打開してくれそうな奇手や妙手な
んてそう簡単に思い浮かぶものではありませんし、ある
と限っているわけでもありません。



ところが、平凡な手を打ち続けることがいかに難しいこ
とか、とプロ棋士は言いました。

どうしても奇抜なアイディアを模索しようという気持ち
が働きますし、発見したときの喜びが強く記憶に残って
いるので、奇手妙手に頼りたくなるのだそうです。

でも、奇手や妙手は相手に裏をかかれるリスクも存在し
ているので、平凡な手を打ち続けて相手のミスを待つの
が最善だといいます。



織田信長という人物が優れていた点として、奇手妙手を
一切模索しなかったことが挙げられます。

桶狭間の合戦で今川義元を討ち取った奇襲戦法を、二度
と採用しなかったからです。

凡人であれば、奇襲戦法の成功に味を占めて、不利なと
きにはとくに奇手妙手に頼ろうとするでしょう。

されど織田信長という人物は、桶狭間は僥倖だったと戒
めて、二度と奇襲戦法など用いなかったのでした。



奇手妙手に頼ったり模索する人は、天下を取れないとい
うことなのでしょう。

リスクのない平凡な手を打ち続けるのが最善、というの
は、人生にも通じる名言だと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 14:29| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

エイプリルフール

エイプリルフールです。嘘をついてもいい日ですね。

明らかに嘘とわかる話なら愉快でいいのですけれど、政治
家さんたちは今日くらい本音で喋ってほしいと思います。



とんでもないエイプリルフールのネタかと思ったら、マジ
ネタとして、食べられる箸が登場しました。

熊本県のいぐさ畳業界を活性化させようという団体が考案
したもので、畳に使われているいぐさを箸にして、食事の
最後に箸も食べるという発想なのです。

いぐさ箸は食物繊維が豊富でして、サラダひとサラ分に相
当するといいます。



実際に提供されている飲食店としては、都内に2店舗と熊本
に1店舗あるそうですが、今後は味に工夫がされたなら、全
国に広まるかもしれませんね。

やや太いのが難点とはいえ、いろんな工夫で改善されますと、
楽しみなアイテムへ育つに違いありません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:いぐさ
posted by 子竜 螢 at 12:17| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする