2017年04月07日

クレーマーにされてしまった

ファミレスなんて、年に何回行くだろうかという程度で
しかも深夜に初めて行ったときのことです。

食事のセットメニューを食べていざ会計というときです。
メニュー表に書いてあった税込み料金よりも高いのです。



レジにいたのはまだ若い女性店員でした。料金が違うの
ではないかと申しましたら、こんな答えが返ってきまし
た。

「こういう店では、深夜料金が加算されるのが常識です」

なぬー! まるで常識のない客だと言っているのです。

「そんなことは、メニュー表のどこに書いてあるのだ?」
すると、レジの店員がメニュー表をパラパラとめくって
ここです、という。

たしかに書いてありました。

しかし、最後のページのドリンクバーのところだけでして、
ドリンクバーなんぞに興味がないので見ていないのです。

「これじゃ、ドリンクバーだけの深夜料金設定でしょう。
全ページに書かれていないから、客が知らなくて当たり前
ではないですか」

「もういです。代金はいりませんから出て行ってください」



結局、払わずに帰ると本物のクレーマーにされてしまいます
から、請求されていた分は払って、店を出ました。

しかし、料金表示の不備を棚に挙げてクレーマー扱いされ
たのには今でも腹が立ちますし、常識のない人間だと認定
されたのにも怒りを感じます。

何ページもあるメニューの、最後のところにだけ深夜料金
二割り増しだなんて謳ってあって、しかもドリンクバーの
みの料金設定みたいな感じに書かれていたのですが、文句
を言う客はすべてクレーマー扱いされるのですかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:クレーマー
posted by 子竜 螢 at 17:36| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。