2017年04月10日

リベラルではないのだが。。。

このブログを読んでくれている友人から、しばしば指摘
されることがあります。

右系だと思っていたけど、意外とリベラルなんだね、と。



いいえ、右でも左でもありません。ただ、最近政府が提
案している法案がおかしなものばかりなので、つい批判
敵にならざるを得ないのです。

また、野党の不甲斐なさにも腹立ちを覚えております。
国会という重要な立法の場で、森友学園問題ばかりやっ
ているのはどうかと思うのですよ。

ある程度のところで切り上げて、後は司法に任せるとい
うのが正しいのではないでしょうか。

さもないと、三権分立ではなくて、立法と司法の区別が
なくなってしまいます。



とはいえ、自公勢力が圧倒的に強い今、野党に何ができ
るかといえば、反省と改革ではないでしょうか。

与党批判だけでなく、自らを反省して改革に乗り出す。

もう少し緊張感のある国会にするためにも、与野党伯仲
の情勢にするためにも、野党のみなさんにはレベルアッ
プしていただきたいと思います。

サラリーマン化した国会議員なんて、不要なのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:リベラル派
posted by 子竜 螢 at 12:14| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。