2017年04月18日

マイホーム購入に潜むリスク

平均的な庶民にとって、マイホームの購入は最大の夢で
あり、また、最大の投資であろうかと思います。

ただ、購入とその後のことについてはリスクもあって、
毎月賃貸の家賃を払うくらいなら住宅ローンを組んだほ
うがいい、と単純な比較だけで決断しますと、リスクに
直面するかもしれません。



マイホーム購入とその後のリスクとして考えられるのは
以下のようなものです。

まず、30年もの長期ローンにした場合、30年間の社会変
化の予測が難しい点ですね。

もちろん、ローンの支払いが完了した後も住むのでしょう
から、そのときすでに老朽化した家のメンテナンスに多大
な費用の支出を覚悟しなくてはなりません。



もうひとつの意外に知られていないリスクなのですが、隣
人たちとのコミュニケーションという問題が生じます。

賃貸物件に住んでいたときにはまったく考慮しなくてよい
ことだったのに、町内会や班の行事や世話など、意外と多
いものなのです。

さらには、万一、隣人が変な人だったりすると、簡単には
引越しできないために、苦痛の毎日となるかもしれません。

すでに町として存在する場所なら事前の調査はできますが、
分譲地などでは、どんな人が隣人になるのかわかりません
ので、リスクを抱えた投資になるかもしれません。



持ち家か賃貸か、という比較は金銭的なことだけではなく
て、精神的なことも考慮してみましょう。

マイホームを購入する方向であったとしても、イザという
ときには引越しできる身軽さも必要なのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 12:54| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。