2017年05月23日

米朝のチキンレース

チキンレースという言葉があります。肝っ玉の大きさが
問われる勝負のことですね。

今、アメリカと北朝鮮との関係がまさにチキンレースで
して、トランプ大統領と金正恩氏とのチキンレースでも
あります。



少し前までは対北政策として軍事力の行使も辞さないと
いう姿勢だったトランプ大統領ですが、最近は少し現実
敵に考えるようになったのか、以前ほどの強気な発言は
なくなってきました。

というのも、アメリカが軍事行動に踏み切って北朝鮮と
の全面戦争になった場合、ベトナム戦争どころではない
犠牲が予想されるというペンタゴンからの報告が届いた
からなのです。

推定されるアメリカ軍兵士の犠牲は75万人と予想されて
いるといいます。



しかし、北朝鮮の軍事力を過大評価しているのではない
かと思われますね。

たしかに、航空機や戦車の数は多いです。が、最新鋭の
性能を誇るものは、たとえば航空機でいうとミグ29だけ
ですし、40機こまんしか保有していません。

また、数字では表現できない士気の問題がありまして、
人民軍兵士がどこまで金正恩氏への忠誠心を抱いている
ものかと考えたとき、アメリカとの全面戦争に突入とい
うニュースが流れるだけで、逃亡者が続出するのではな
いかとも思えます。



ともあれ、北朝鮮の問題は米中のバランスの上で思考さ
れる案件ですので、一直線に戦争というシナリオにはな
りにくくなっています。

日本は、イザというときのために、反撃能力の保有が必
要かと思うのですが、憲法が。。。となるのが弱点です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 23:48| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする