2017年06月07日

遷都もしくは機能分散

歴代のアメリカ大統領が韓国に必ず求めてきたものに、
遷都があるそうです。

北朝鮮との国境からわずか40キロほどしかないソウルが
首都では直接の砲撃目標となっているので、万一戦争と
なった場合には、すぐに首都機能が麻痺してしまいます。



では、日本は安全かと申しますと、やはり一極集中して
いる点で問題でしょう。

東京にあらゆるものが集中しているために、地方とのさ
まざまな格差が生じておりますし、人工が増えて待機児
童の問題などが生じております。

そして、一極集中がさらに進む気配があることからも、
リスク分散という観点からすれば、褒められた状態では
ありません。

通信手段が発達した現代で、なぜ一極集中のままなのか。



リスク分散は、当然考えるべき問題です。テロ対策にし
ても環境問題にしても、一極集中はリスクが大きすぎる
のではないでしょうか。

一極集中でまとめて防衛するほうが効率的という考え方
もないではありませんが、現在の一極集中は中途半端な
感じがします。

首都機能専門の都市を新設するくらいの思い切った政策
が、打ち出されても良さそうな気がしますけどね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:一極集中 遷都
posted by 子竜 螢 at 17:24| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする