2017年06月10日

人口の落ち着く先

人口減少社会の時代を迎えておりますが、世界全体としては
反対に増え続けております。

毎秒あたりにすると2・5人増えているといいますから、この
現象をどう捉えるかによって国家の進むべき方向が見えてく
るのではないでしょうか。



世界人口の増加は、間違いなく食料危機やエネルギー不足を
招きますし、CO2の排出量が増えて温暖化の原因にもなるで
しょう。

その一方で、先進国ではいずれも人口減少という問題に直面
しておりまして、一見正反対な現象に思えるのですが、専門
家に言わせますと同じ原因の問題らしいですね。

それは、社会の成熟度で計れるといいます。

成熟しきった社会がより発展しようとすれば、子供たちによ
り高度な教育が必要となって家計を圧迫しますから、多くの
子供を産み育てられません。

一方、未成熟な社会では人数の多さで物事を成し遂げていま
すから、高度な教育は必要なくて、働き手としての健康な人
が数多くいるほうがいいのです。



ですから、移民などという人工的な配慮によって社会成熟度
を変化させますと、当然、予想もできない混乱に陥ってしま
うことでしょう。

過去の歴史からしても、社会というのは普遍性なものではな
くて、成熟と未成熟とを繰り返しています。

戦国時代の爆発的な人口増加は、江戸時代の安定的な時代の
背景によって、増加がストップいたしました。しかし、維新
後は世界との比較から未成熟であったことが判明して、また
人口増加に向かいます。

そろそろ、ほとんど全員の子供が大学へ進学するという愚直
な画一的な現象から目覚めて、高卒でも中卒でも立派に活躍
できる時代に突入するでしょうね。

実際、少子化の日本に500もの大学が存在すること自体が驚
愕と言わざるを得ません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:人口 少子化 移民
posted by 子竜 螢 at 21:40| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。