2017年06月12日

加計学園問題は何が問題なのか

相変わらず、国会では加計学園問題なるものでもめており
ますね。マスコミも派手に書きまくっております。

森友学園の次は加計学園ですか。いったい何が問題なのや
ら要点がよくわからないまま会期終了が迫っております。



よく調べてみますと、四国を獣医学科の特区に制定して、
その候補として加計学園が浮上していたのは民主党政権時
代だというではありませんか。

それを安倍政権が圧力をもって実現したとしたなら、なぜ
民進党が筆頭となって騒いでいるのかがわからなくなって
しまうのです。

むしろ、政策を引き継いで実現してくれた安倍政権に謝意
を表してもよさそうなものではないでしょうか。



この問題に絡んで厄介な話にしているのが前川という元文
部科学省事務次官ですね。

この人は出会い系のバーなどの問題もあったりして証言の
信憑性には問題があろうかと思うのですが、天下り先とし
ての加計学園を目論んでいたために辞任に追い込まれまし
た。

が、その腹いせでしょうか。加計学園の認可には政権から
の圧力があった、と証言したために、そのメールを探す調
査などでまた混乱をきたしております。

しかし、よく考えてみますと、圧力と捉えるかどうかは別
としても、政権が特区の充実のために意見を述べたり指示
を出してはいけないものなのでしょうかと思うのです。

50年間も新設がなかった獣医学科なのですから、新設に向
けてのアドバイスなどがあったとしても、不思議ではない
でしょう。



となると、何が問題なのやらサッパリわからないのですよ。

鳥インフルエンザが近年問題になってきているならば、50
年ぶりの獣医学科の新設は喜ばしいことでして、他にも申
請があるなら、同様に認可に向けたアドバイスや指示をし
てあげればいいだけの話です。

それとも、ただの政権批判の材料であったり、天下り問題
が主であるなら、まったく別の問題だと言わざるを得ませ
んね。

加計学園側から安倍総理が金銭を得ていたというなら問題
ですが、そうでないなら騒いでいる理由がわかりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:加計学園問題
posted by 子竜 螢 at 12:34| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。