2017年06月15日

野党の存在感

共謀罪法案の強行採決が問題となっておりますね。野党
は、加計学園問題を隠すためではないか、と安倍総理に
厳しい意見を述べております。

しかし、現在の与野党の勢力を見ますと、何を言っても
空しい感じがしてしまいます。



現在のような自公勢力の独占状態が好ましいとは思って
おりません。大多数の人がそうでしょう。

だからといって、小選挙区制度が悪いわけではなくて、
野党の中身がお粗末だから、消去法で考えると自公に投
票するしかないというのが実情なのです。



とくに民進党は、民主党時代に国民から政権を託された
にもかかわらず、国民の期待を裏切ったという前科があ
りますし、共産党と組んでの選挙活動など、有権者には
受け入れがたいこともしていますよね。

とはいえ、厳しいことを申しますのは、なんとかして野
党再編を成し遂げていただきたいからなのです。

森友・加計・共謀罪などが仮に野党の主張どおりであっ
たとしても、解散総選挙となりましたら、やはり自公が
圧倒的に強いのではないでしょうか。

今、国民に政権を選ぶ選択肢がありません。それは野党
の責任だと思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:野党
posted by 子竜 螢 at 22:49| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。