2017年06月20日

お金に関する教育を

学校を卒業して社会人になったなら、真っ先に直面するの
がお金に関することでしょう。

給与やボーナスはもちろんのこと、奨学金の返済やら車の
ローンやら、お金に関することが一度に出てきます。

また、地方から都市部へ進出している人にとっては、家賃
や光熱費などの支出が付いて回ります。



しかし、直前までの学校教育の場では、お金に関する教科
はほとんどなくて、商業高校や商科大などでも、大雑把な
教育内容でしかありません。

そういうマクロな視点のお金ではなくて、ミクロな家計と
いったところでの教育がなされていないので、若者がカー
ドローン地獄とか返せもしない奨学金を利用してしまうこ
とになっているのではないでしょうか。



以前にも書きましたが、新社会人としてスタートするにあ
たって、借金がある状態でスタートすることが、その後の
結婚などに大きく響いてきます。

地方では通勤のためにマイカーは必須だとしても、3ナンバ
ーである必要はないわけなのですが、課長が中古車で新入平
社員が高級新車などというおかしな現象になっています。

家計に関するカリキュラムがあり、みんなで仮想通貨を使っ
た模擬生活体験などができたなら、若者の貧困はかなり防げ
るのではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:マネー教育
posted by 子竜 螢 at 17:54| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。