2017年07月11日

求人詐欺

入社してみたら、ハローワークに届けられていた条件とは
まったく違っていたなんてことがあります。

これをあえて求人詐欺と呼ばせてもらうことにしましょう。



昨年度の一年間にハローワークに寄せられた苦情は、なん
と9300件にものぼります。

求職者側の勘違いだったという麗もあるにはありますが、
ほとんどの案件では採用側の説明不足などが原因でして、
本当に悪質なものが3900件もあったそうです。

中には、正社員を募集しておきながら試用期間が3年もあ
るなど、ブラック企業にみられがちな入れ替わりの激しさ
が想像できます。



しかし、来年1月からの掲載案件では、条件が違っていた
場合に初めて罰則が適用されることになりました。

六ヶ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金です。

なんだか軽い罰則に思えてしまうのですが、そんなことは
ありません。行政処分を受けた企業からの案件は二度と受
付しませんし、民間の求人誌やサイトでも掲載を見合わせ
るようになります。

つまり、人手不足倒産がまっているわけです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:ハローワーク
posted by 子竜 螢 at 17:09| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

パチンコの出玉規制

どうやら、警察庁はパチンコの出玉規制に乗り出すよう
ですね。大当たりの玉数を現在の2400から1500に減ら
すとか。

また、一日の遊戯で最高5万円程度の利益しか出ないよう
にするらしいのですが、あれっ、と思ってしまいます。



あくまでも遊戯だと仰るからには、なんで規制が必要な
んだろうと考えさせられるのです。

規制するってことは、ギャンブルだからですよね。依存
症の人が負けを一気に取り戻そうとしないためと称して
おられるからには、金銭の利益損失を争う立派なギャン
ブルだってことですよ。



そもそも、パチンコの発祥地韓国ではすでに全面禁止に
なっているのですが、なぜ日本では民営のギャンブルが
認可されているのか、理解に苦しみます。

警察庁はパチンコをギャンブルだと認め、その上で依存
症者の対策を講じなくては意味がありません。

たとえば、ボーリング場がスコアに応じた景品を出して
その景品が他の場所で換金できるとしたら、それでも遊
戯だと言うのでしょうかね。

ゴルフだってバッティングセンターだって、換金可能な
三店方式を採用した場合、警察庁はどうするのでしょう
かね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:パチンコ
posted by 子竜 螢 at 22:43| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

子供を甘やかしすぎでは?

最近の子供たちを見ておりますと、昔の子供に比べて
過保護に育っているなあと感じてしまいます。

とくに外食店での振舞いでは顕著でして、叱らない親
とのコンビですと凄まじい光景と出会ったりします。



以前に全国的なラーメンチェーン店へ行ったとき、畳
の小上がり一杯に玩具を広げて、四人の子供遊んでお
りました。

母親らしき女性が二人。それぞれ二人ずつの子供なの
でしょう。会話に夢中で、子供たちがどれだけ騒ごう
と意に介しません。

もちろん、他の客もたくさんいるわけで、客席の半分
ほどが埋まっている状態でした。

そのうちに、玩具の奪い合いから喧嘩となり、大きな
声で泣き出す始末。

しかし、母親たちは子供を叱るでもなく、ただ抱き寄
せて泣くのを待っているだけ。他の客に迷惑だとの意
識など、欠片もありませんでした。



こういう問題は、誰の身近にもあろうかと思います。

じつは、子供を甘やかしているのではなくて、親が社
会に甘えているのかもしれません。

こういう親たちを見ると、社会全体で子供たちを育て
るという国策が果たしていいのやら悪いのやら、疑問
に感じてしまいます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:子供のしつけ
posted by 子竜 螢 at 21:33| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

貯蓄から消費へ

日銀が現在取り組んでいる課題に、貯蓄から消費へ、と
いうのがあります。

デフレで低金利の時代なのに、消費よりも貯蓄優先なの
は企業も個人も同じでして、奇妙な現象なのです。



本当ならば銀行に眠っている預金を株式投資などに回す
のがデフレ時代の資産運用なのですが、リスクを恐れて
なのでしょうか、活発とは言いがたいですね。

日銀がなぜ預貯金を消費に回させようとしているのかと
いえば、せっかく金融緩和をしても借り手がおらず、市
中銀行には顧客の預金が溜まる一方だからです。

できればインフレへと導きたい。しかし、世の中が消費
よりも貯蓄を優先するので、各企業はどうしても価格の
競争に走り、結果としてデフレから脱却できないのです。



日銀としての具体的な策は発表されておりませんが、黒
川総裁の任期が迫っていますので、なにかひとつ実績を
のこしたいところなのでしょう。

預金していると毎年1パーセントずつ減っていく。

そういうマイナス金利にでもしない限り、画期的な案な
ど簡単には出てこないでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:日本銀行
posted by 子竜 螢 at 22:15| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

婚約会見の延期

眞子様の婚約会見が延期されることになったそうですね。

九州北部で発生している集中豪雨による被害が理由だそ
うなのですが、なにか違う感じがしませんか。



九州北部で被害を受けられた方々に対しましては、心か
らお見舞い申し上げます。災害が早く収まり、一日も早
い復興を望んでおります。

災害はいつやってくるのか、誰にもわかりません。地震
の多い国ですし、福島第一の事故処理だって終わっては
おりません。避難生活を続けている人がまだ何万人もお
られるのです。



で、眞子様の婚約会見を延期するというのは、なにやら
皇室を政治利用しているように感じてしまうのです。

前記のように、まだ終わっていない災害があるのですか
ら、いつになったら会見なさるというのでしょうか。

たしかに、国民への忖度なのでしょう。大変なときに浮
かれた行事を行なうべきではないという意見には同調す
べき点はあります。

しかし、政治利用的な延期だとするならば、皇室の方々
に失礼な話でしょう。



こんなときだからこそ、慶事という明るい話題も必要で
すが、まあ、会見がどうしても今じゃないとダメという
わけでもないですから、延期には多くの国民も納得して
いるのでしょうね。

だが、誰が言い出したのか、というところが問題です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 20:21| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

李春姫の登場

昨日のICBMの発射実験成功を受けて、朝鮮中央テレビ
に登場したのは、なんとあの女性でした。

独特の威圧感のある喋り方をする女性アナウンサーですが、
しばらくぶりの登場には深い意味がありそうです。



彼女の名前は李春姫。

ピンク色のチマチョゴリを着て、恫喝的な口調で北朝鮮を
讃える姿は、久しぶりのことでした。

一時は死亡説まで流れていたほどでしたが、なぜ73歳にも
なるアナウンサーを登場させたのかといえば、やはり今回
のミサイル発射実験には特別な意味があったからでしょう。

彼女は金正日氏のスポークスマンでしたから、金正恩氏が
指導者となってからは、高齢ということもあって、登場す
ることがなくなっておりました。



今回のミサイル発射実験は、アメリカ本土まで飛ばすこと
を想定してのものです。

ほぼ達成できたとの自信から、李春姫が指名されての発表
となったのでしょう。

それにしても、あの口調は相変わらず凄いですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 23:34| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

北朝鮮のICBM

まるでアメリカの独立記念日をあざ笑うかのごとく、北朝鮮
が大陸間弾道ミサイルの発射実験を行ないました。

朝鮮半島沖に集結しているアメリカの空母群からの攻撃がな
かったからか、所詮は何もできないというアメリカの態度を
読みきっての実験だったのかもしれません。



今回発射されたミサイルで特筆すべきは、高度がとてつもな
く上昇して、日本のレーダー網から一時は消えたこと。

さらには、大気圏への再突入にも成功していることです。

高度をそこまで上げずに適正な発射角だったとすると、ハワ
イやアラスカまで届く計算だといいます。



しかし、金委員長はどこまでも誤解しているようですね。

アメリカ本土へ届く核ミサイルの開発と保有が時刻の安全
に繋がるのではなく、むしろ、その直前にアメリカからの
武力行使を招くことがわかっていないようです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 19:56| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

Amazonは大丈夫なのか

インターネット通販大手のAmazonが、なにやら大変な
ことになっているようです。

専門の宅配業者と連絡が取れないばかりか、注文した
商品が届かないというケースも出始めているのです。



Amazonが便利だという意識は、ヤマト運輸が当日配送
から撤退したときに崩れました。日本の宅配業者が便利
だっただけのことなのです。

現在、デリバリープロバイダーという当日配送の業者が
音信不通となっているらしく、Amazon側からさえも連
絡できない状態だといいます。

また、顧客が不在でも不在票が入っておらずに配達済み
となっていたり、商品が届かないというクレームが殺到
しているという。



ツイッターなどのSNSでは、高額な商品を購入するなと
いう書き込みが目立ち始め、Amazonでの購入を危険視
する意見が多いらしいです。

代引きあつかいならば実質的な被害はありませんが、ク
レジット払いですと、商品が届かないのに代金だけ支払
うことになってしまいます。



思うに、Amazonは自社に配送部門を作るしかないでしょ
う。日本の宅配業者は限界を迎えており、佐川急便やヤ
マト運輸の例を持ち出すまでもなく、最終段階の配送を
他社任せにしている点での破綻が訪れているのではない
でしょうか。

あきらかなシステム破綻だと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:Amazon
posted by 子竜 螢 at 15:05| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

国政と都政

都議会議員選挙の結果、都民ファーストが圧勝で自民が
惨敗と伝えられております。

しかし、だからといって、国政での自民優位が揺らいで
いるのかといえば、そうではないでしょう。



たしかに、国政面での影響があったのでしょう。しかし、
国政と都政とはあくまでも別ものであって、一緒に考え
るべきではありません。

地方選挙では、所属政党にかかわらず地域から議員を選
出しようという動きになるでしょう。それは国政選挙よ
りも強いはずです。

また、自民と公明を合わせると都民ファストに匹敵する
人数が当選しているのですから、国政に照らし合わせて
考えると、やはり政権としては強力なままなのです。



いったいなぜなのか知りませんが、マスコミは今回の選
挙で国政の勢力図までが塗り替えられたとでも言いたい
ほどの報道をしております。

国会議員ですら同じ論法で、安倍政権の翳りを報じてい
ますが、国政は国政、都政は都政です。政策案件が全く
違うわけですから、選挙結果を他に当てはめることはで
きません。

たとえ非自民の人が増えたからといって、野党に投票し
てくれるかといえば疑問だからです。

今回は、非自民の投票先として都民ファストがありまし
た。でも、国政にはないのですよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:都議会選挙
posted by 子竜 螢 at 17:39| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

うどんの日

ナントカの日というのがいくつあるのかは知りませんが、地域
限定のものも合わせますと、誰も正確な数を把握していないの
ではないでしょうか。

7月2日はうどんの日だそうですね。



うどんは中国由来の食べ物でして、明国初代皇帝の朱元璋が好
んで食べたといいます。

それが日本へ伝わり、とくに西日本では小麦の生産も豊富だっ
たことから一般にも普及したようです。



香川県の高松市では、讃岐うどんの協会加盟店で本日のみ無料
で振舞われました。

そのほか、全国にはうどんの有名ブランドがいくつもあって、
それぞれに趣向を凝らしたイベントが催されたようです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:うどんの日
posted by 子竜 螢 at 23:48| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

ワークシェアとしての5時間労働

人間の集中力は何時間持続できるのか。

藤井聡四段のような神童は特別な存在として考えますと、
ほとんどの人は2時間くらいが限度ではないかと思います。



労働基準法に定められている8時間労働というのは、欧米
のモデルを真似しただけ、もしくは一日を睡眠と余暇とで
単純に三分割しただけです。

本当に仕事に集中できる時間はというと、その仕事が好き
でのめりこめる自営業や職人さんを除けば、ごく一般的な
サラリーマンですと、午前と午後を合わせて5時間くらい
が妥当でしょう。

朝9時からの午前中3時間。午後は3時までの2時間ですね。



プレミアムフライデーという奇抜なものを持ち出すまでも
なく、3時退社は理にかなっているのです。

あるいは、地中海地方のように、昼寝の時間を設けて午後
5時退社にするなど、とにかく8時間の労働というのは長す
ぎでしょう。

しかし、それではすべての業務をこなせなくなってしまい
ますよね。

そこで登場するのが、ワークシェアリングという考え方で
す。作業のリレー分担です。



最低賃金を上げないのであれば、法律で5時間労働にして
副業自由にすればいい。

違う仕事に就くなら、集中力はまた2時間保てるのです。

最近では週休三日という企業すら現われました。やってで
きないことではありますまい。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:労働時間
posted by 子竜 螢 at 20:45| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。