2017年07月04日

Amazonは大丈夫なのか

インターネット通販大手のAmazonが、なにやら大変な
ことになっているようです。

専門の宅配業者と連絡が取れないばかりか、注文した
商品が届かないというケースも出始めているのです。



Amazonが便利だという意識は、ヤマト運輸が当日配送
から撤退したときに崩れました。日本の宅配業者が便利
だっただけのことなのです。

現在、デリバリープロバイダーという当日配送の業者が
音信不通となっているらしく、Amazon側からさえも連
絡できない状態だといいます。

また、顧客が不在でも不在票が入っておらずに配達済み
となっていたり、商品が届かないというクレームが殺到
しているという。



ツイッターなどのSNSでは、高額な商品を購入するなと
いう書き込みが目立ち始め、Amazonでの購入を危険視
する意見が多いらしいです。

代引きあつかいならば実質的な被害はありませんが、ク
レジット払いですと、商品が届かないのに代金だけ支払
うことになってしまいます。



思うに、Amazonは自社に配送部門を作るしかないでしょ
う。日本の宅配業者は限界を迎えており、佐川急便やヤ
マト運輸の例を持ち出すまでもなく、最終段階の配送を
他社任せにしている点での破綻が訪れているのではない
でしょうか。

あきらかなシステム破綻だと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:Amazon
posted by 子竜 螢 at 15:05| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする