2017年07月11日

求人詐欺

入社してみたら、ハローワークに届けられていた条件とは
まったく違っていたなんてことがあります。

これをあえて求人詐欺と呼ばせてもらうことにしましょう。



昨年度の一年間にハローワークに寄せられた苦情は、なん
と9300件にものぼります。

求職者側の勘違いだったという麗もあるにはありますが、
ほとんどの案件では採用側の説明不足などが原因でして、
本当に悪質なものが3900件もあったそうです。

中には、正社員を募集しておきながら試用期間が3年もあ
るなど、ブラック企業にみられがちな入れ替わりの激しさ
が想像できます。



しかし、来年1月からの掲載案件では、条件が違っていた
場合に初めて罰則が適用されることになりました。

六ヶ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金です。

なんだか軽い罰則に思えてしまうのですが、そんなことは
ありません。行政処分を受けた企業からの案件は二度と受
付しませんし、民間の求人誌やサイトでも掲載を見合わせ
るようになります。

つまり、人手不足倒産がまっているわけです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ハローワーク
posted by 子竜 螢 at 17:09| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする