2017年07月26日

加計学園問題はいい加減にしよう

国会の閉会中にもかかわらず、加計学園問題が特別審議
されるという事態になっています。

しかし、何かどこかが違うような気がして仕方がありま
せん。論点がどんどんズレていっているからです。



獣医学部の特区申請と開校申請にまつわる問題だったは
ずですよね。

つまり、獣医師が足りているのか足りていないのか、そ
こを論議しないから解決しません。

日本ではペット系の獣医師は足りていても、検疫系の獣
医師には偏在があって、とくに四国では極端に足りない
といいます。

ならば、安倍総理と加計学園長との癒着がどうとかいう
前に、良い判断をしたと一応は評価すべきでしょう。



とはいえ、もっとも肝心な点は、特区なら特区でいいが
なぜ一校だけに絞ったのか。

名乗りを上げている学校はすべて審査をして、基準を満
たしているのであれば認可すけばいいだけの話。

実際に不足している検疫系だけの免許としてでもいいし、
安倍総理との癒着があろうとなかろうと、不足している
大切な人材は育てなくてはならないのです。

その上で、癒着ぶりを問題にしているのであれば、野党
の言い分も理解できますね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:加計学園
posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。