2017年08月07日

七夕

まだ幼かった頃、七夕祭りはもっとも好きな行事でした。
短冊に願いを書いて竹の小枝に結ぶと、願いが叶うと信
じていたのです。

しかし、大きくなるにつれて、そんなことをしても願望
は叶わないと知り、段々と興味が薄れていきました。



近年、竹の増えすぎが問題となっている地域があるそう
ですけれど、大々的な七夕祭りをやったらどうですかね。

毎年何百本何千本という竹が伐採されますから、いいと
思いますよ。

そういえば、七夕祭りで有名な仙台市では、竹を使わず
に装飾の吹流しだけとか。



中国で発祥したときの原型は知りませんが、子竜の地元
富山県高岡市では、大きな竹に短冊や吹流しを無数に取
り付けます。

年に一回のみのお祭りですが、七夕飾りを目にしますと
そのときだけは童心に戻ったような感覚になるのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:七夕
posted by 子竜 螢 at 23:39| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。