2017年09月30日

総選挙はカオス状態

衆議院の解散を受けて行なわれる選挙で、いったい何を
信任するための選挙なのか、理由に乏しい気がします。

また、候補者が新党に移籍したり、新党結成を目指した
りなんて、国民のことよりも自身の当落が最優先になっ
て、政策はそっちのけの感がありますよね。



由来でいないのは公明党と共産党、そして、消滅寸前の
社民党のみ。

ポイントは、リベラル政党が大合併できるかどうかかも
しれませんね。

すなわち、民進党の左派と社民党の合流です。

ということは、民進党の右派は希望の党と合流するので、
民進党は事実上の解党となるのでしょうか。



それにしても、解散したときの準備不足が各党ともに目
立つようでして、正直なところ、マスコミ各社も選挙後
の議席数を読めなくて困っているようです。

しかし、国民の生活にもっとも直結する選挙だけに、後
悔しない一票を投じたいものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:衆議院選挙
posted by 子竜 螢 at 23:56| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

中国がさらなるネット規制

今ではインターネットのない社会など考えられなくなっ
てきましたが、そうでもない国があるので驚きです。

中国では、世界の趨勢に反して、インターネットのさら
なる規制に乗り出しました。



中国のネット関連企業には、共産党の組織が置かれるこ
とになりまして、外資系も例外ではないという。

つまり、グーグルやヤフーの社内に共産党の支部ができ
るということであり、もちろん、監視役なのでしょうね。

言論の自由、表現の自由が保障されている我々からみる
といかにも抑圧的な政策なのですが、そうでもしないこ
とには、人口が多くて広大な領土をひとつにまとめるこ
とが困難な事情があります。



また、共産党の一党独裁が崩れたとき、未曾有な規模の
内戦に発展する可能性がありますから、なんでも自由に
アクセスできると恐い面がたしかにあるのでしょう。

共青団、太子党、上海閥など、中国共産党も一枚岩では
ないだけに、ひょっとすると北朝鮮よりも早く崩壊する
かもしれませんよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:17| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

解散で万歳の意味

ずっと不思議に思っていたことなのですが、衆議院の
解散で、なぜ議員さんたちは万歳をするのでしょうね。

次は落選確実という、いわゆるチルドレン議員さんも
スキャンダルで当選が難しそうな議員さんも、なぜか
万歳をしています。



万歳とは、もともと目出度いことがあったときにやる
ものでして、やけくそでやるのは、万歳突撃という、
玉砕覚悟の自滅です。

もっとも、希望の党頼みの野党議員さんたちが多く、
小池党首も困り果てているのではないかと思います。

なぜなら、新党というよりも、このままでは民進党
と同じになってしまいますからね。

顔ぶれを見ると、元民進党ばかり、なんてね。



いや、民進党の右派と左派が分裂してくれれば済む
話であって、前原代表と枝野氏の話し合いで、党を
分割すればいいのです。

そして、民進党の右派と希望の党、維新の会が合併
して強い野党ができるなら、面白い選挙になるので
すがね。



ともあれ、衆議院は解散しました。

選挙後の政局もさることながら、スキャンダル議員
さんたちの当落にも興味が湧いてきます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:衆議院解散
posted by 子竜 螢 at 23:08| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

平昌五輪のホームページに呆れる

来年の冬に開かれる平昌オリンピックが、今まさに
危機に瀕しております。

というのも、いつ戦争になるのかわからない地域で
のオリンピックですので、参加を取りやめる国がす
でにいくつも出ているのです。



しかし、問題はそれだけではありません。

平昌オリンピックのホームページをみますと、東ア
ジアの地図で朝鮮半島が異様な大きさに描かれてい
るばかりか、なんと、日本列島とサハリンが消去さ
れていたのです。

さすがに今は修正されているのですが、政治色を持
ち込まないオリンピック精神は、韓国にはないよう
ですね。



あまりに子供じみた反日精神は、各国からの批判が
強くて、すぐに地図を修正するしかなかったようで
して、菅官房長官が抗議するまでもありませんでし
た。

まあ、今更韓国のやることにひとつひとつ目くじら
を建てる必要はありませんが、世界中の人々が楽し
みにしているオリンピックにまで反日をアピールす
る必要などあったのでしょうか。

いいえ、世界中の人に嫌韓を植え付けてしまったの
ではありませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:平昌五輪
posted by 子竜 螢 at 23:17| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

空爆の準備か

アメリカのステルス爆撃機B1−Bがこれまでにないほど
朝鮮半島の東側を北上して、北朝鮮側を威圧する行動に出
ましたね。

北朝鮮側は、アメリカによる宣戦布告だと述べ、撃墜する
権利を有するとも述べております。



しかしながら、ステルス爆撃機の飛行を察知したのはずっ
とずっと後のことでして、スクランブル発進できた戦闘機
は皆無だったのです。

つまり、北朝鮮のレーダー網ではステルス機を捉えられな
いようでして、アメリカが軍事行動を起こすに足りる判断
材料となりました。



まあ、ミサイルと核兵器以外の通常兵器は、全時代的なも
のばかりの北朝鮮軍ですので、実際に戦争となれば、戦う
までもなく、降伏する部隊が続出するかもしれません。

いいえ、金正恩氏を逮捕して、アメリカ軍へ差し出す部隊
だって出現するかもしれませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:B1−B 北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 22:09| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

希望の党

日本ファーストが希望の党と名を変更して、いよいよ
解散総選挙から国政へと進出することになりました。

代表は、都知事の小池百合子氏です。



もっとも、日本ファーストは地域政党として残すらし
いのですが、それなら、都民ファーストのままでよかっ
たのではないかと思ったりします。

福田内閣府副総理が自民党を離党してまで参加すると
いいますから、選挙の目玉になるのは間違いないでしょ
うね。

とはいっても、選挙態勢が整っているのかどうか、心配
な点はあります。



解散総選挙の論点は、北朝鮮問題からみの改憲ではない
かと思われるだけに、希望の党の立ち位置はどのあたり
なのでしょうか。

とにかく、どれくらいの議席を確保するものか、興味が
湧く選挙となりそうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:58| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

比例での復活当選はやめてほしい

28日に開かれる臨時国会の冒頭で衆議院の解散が確定的
となってから、福田内閣府副大臣が自民党からの離党を
表明するなど、異例の事態が起きておりますね。

抜き打ち的な解散ですので政局が混乱するのは当然かも
しれませんが、選挙制度そのものにも、やや不可思議な
点がありまして、なかなか納得できるところにまでは改
正されません。



ひとつには、地方区で落選した候補者が比例で復活当選
できる点ですね。

有権者があえて落選させた候補者を、なぜ復活当選でき
る制度が存在するのか。理解不能です。

もうひとつは、比例で当選した人が離党したり他の政党
へ鞍替えできること。

これも理解不能ですね。離党ではなくて、一旦議員辞職
をした後に、次の選挙に立候補するのが筋ではないかと
思うのです。

そして、議席を失った政党の名簿から、次点者を復活当
選させるのであれば、充分に理解できます。



このふたつの問題は必ずといっていいほど起きているの
に、国会で審議されたことはありません。

小選挙区か中選挙区かだけを論議するのではなくて、投
票した票が無駄にならない制度を望みます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:解散総選挙
posted by 子竜 螢 at 23:41| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

文大統領のあり得ない支援

北朝鮮への経済制裁が国連でさらに決議されまして、ミ
サイルの射程が伸びるにつれて、ヨーロッパやアフリカ
諸国も北からの出稼ぎ労働者の受け入れを拒否するよう
になってきました。

自国も射程内だとわかったからには、やっと真剣になっ
てくれたのでしょう。



その一方で、韓国の文在寅大統領が、北朝鮮への90億円
にのぼる人道シオンを行なうと発表しました。

なぜ、こんなタイミングなのでしょうね。経済制裁の効
果が削減されてしまいます。

その言い訳として、金銭ではなく医療品などの現物支給
だと申しておりますが、それらが今まで民間人に渡った
ことはなく、横流しで闇市場に出回ったり、軍の備蓄に
されてきたというのにです。



空気を読めない、というよりも、自国が多大な被害を受
けないよう、困り果てた北に暴発してほしくないのです。

つまり、南北対話路線の文大統領を韓国国民が選んだ時
点で、北からの脅威に国民が屈してしまったと見るべき
なのでしょう。



それにしても、北の砲兵部隊が直接狙える距離のソウル
に首都を置いたままというのは、危機感がまったくあり
ませんね。

突如北から侵攻してきた朝鮮戦争の悪夢を、韓国国民の
多くは忘れてしまったのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:文在寅
posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

解散総選挙

安倍総理が、28日開会の臨時国会の冒頭にて、衆議院
の解散に踏み切るようですね。

内閣不信任決議案を突きつけられていない状態での解
散は、前例が少なく、波乱を呼びそうです。



憲法に定められている衆議院の解散には二通りありま
して、ひとつは、前述のように内閣不信任決議案が国
会に提出された場合でして、不信任が可決された場合
には、内閣の総辞職か解散総選挙となります。

しかし、今回の解散は、天皇が解散を命ずるという憲
法上の規定から、総理は天皇の国事行為を代行してい
るものとして解釈されているのです。

が、解散権までもが天皇の代行をできるのかといえば、
議論の分かれるところでしょう。



しかも、何も審議をしないままの冒頭での解散ですか
ら、とくに日本ファーストの選挙態勢が整わないうち
に、との政局だけを考えた解散かと思われます。

もちろん、モリカケ問題やら不倫やら暴言やらで揺れ
た総理自身と自民党の禊をしたいのでしょう。

自民圧勝との予想が大半ですけれど、反自民票の受け
皿が整えば、どうなるのかわかりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:衆議院解散
posted by 子竜 螢 at 23:48| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

バイナリーオプション

バイナリーオプションというものをご存じでしょうか。

FXに似た投資ではありますが、最短で30秒とか1分で
勝敗が決まり配当を受け取れることから、ギャンブル性
の強い投資案件です。



結論として申し上げたいことは、

絶対にやらないでください。最終的には必ず負ける仕組
みになっているからです。

バイナリーオプションを簡単に説明しますと、

金額を決めてエントリーしますと、それからたとえば1分
後のドルが上がっているか下がっているかを予想するも
のです。

確率は常に5割なのですが、当たったときに配当される
のは8割前後。ハズレは掛け金が没収されるので、56パー
セントくらいの勝率が最低ラインになります。



それでも、なんとか利益が出せそうに感じてしまうとこ
ろが危険でして、勝率を上げるためのツールも数多く販
売されておりますが、バイナリーオプションには致命的
な危険性がいくつか存在しているのです。

まず、根本的には、株式などとは違って、ユーザーの利
益が証券会社の損失になるという点ですね。

勝負の相手は証券会社だという点で、パチンコと同じよ
うなギャンブルなのです。



証券会社は、最初は顧客を誘引するために、甘い取引ルー
ルを提示するのですが、赤字になるといとも簡単にルール
を変更してしまうのです。

たとえば、1分後の値が同じだった場合、以前は掛け金が
戻ってきてノーカウントだったのですが、今ではほとんど
が負け判定で没収されます。

つまり、証券会社の経営状態によって、勝手にルール変更
されるので、顧客は絶対に勝てません。



また、悪質な業者も数多く存在しておりまして、口座開設
時に多額のボーナスを付与して、ボーナス額の何十倍もの
取引をしないと元金すら出金できないところもあります。

そういうルールとて、証券会社が勝手にいつでも変更でき
るのですから、たとえ利益を出していても、実際に出金で
きるまでは安心ではないのです。

そしてなにより、ほとんどの会社が海外企業なので、訴訟
をするのも簡単ではありません。

ゴールポストを動かしてしまう、どこかの国に似ていませ
んか。

そうです。その国の人が経営している会社が多いので、要
注意なんですよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:36| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

宝くじのネット販売

来年から、すべての種類の宝くじがインターネットで
購入できるようになりました。

現在は、数字を任意で決めるロトとナンバーズだけが
対象ですが、わざわざ売り場へ買いに行く手間以上の
利便性がありそうです。



利便性のひとつは、振込み口座を登録しておけば、換
金も自動的に行なってくれること。

さらには、あたり券を見逃したり換金の時効で損をす
ることがなくなるのです。

また、購入した券が紛失する危険もありません。



というわけでして、久しぶりに宝くじの売り上げが増
えるかもしれませんね。

とはいえ、収益金の使い道はよく考えていただきたい
と思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:宝くじ
posted by 子竜 螢 at 22:39| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

定年延長後の給与額

政府が目論んでいる年金支給開始年齢の引き上げで、企業
は65歳までの定年延長を検討するようになりまして、実施
した企業も出てきました。

しかしながら、延長期間の賃金が大幅に引き下げられるの
がほとんどのケースでして、訴訟も含めた社会問題となり
つつあるのです。



今年の五月に東京地裁が出した判例では、運送会社に勤務
する男性の訴えを認めて、定年延長後の給与が下がるのは
同じ社内的な立場と仕事の内容上では、認められないとの
ことでした。

つまり、同じ仕事を続けている限り、年齢の面だけで給与
を減額してはならないと判断したのです。



しかし、その後の高等裁判所の判断では覆りまして、減額
は社会一般に浸透している、と判断したのです。

いや、この判決はおかしい。同一労働同一賃金の精神から
外れておりますし、みんながやっているから合法的という
判断も間違っています。

後輩たちに貴重なアドバイスができる人材でもあるわけで
すから、老害のように断定して賃金を引き下げるなんてこ
とが許されていいはずがありませんよね。



賃金を引き下げていいケースとして考えられるのは、年齢
に応じて労働時間を短縮した場合とか、体力を考えて軽作
業への配置を本人が望んだ場合かと思います。

ただし、多くの企業では、一旦退職させて、あらためて雇
用するというスタイルを採用していますので、定年の延長
とは言いがたい。

再雇用だから賃金が下がっても文句は言えませんが、定年
の延長ならば、同一賃金であるべきでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:定年の延長
posted by 子竜 螢 at 23:11| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

敬老の日

敬老の日だからといって、特別に敬われるのはなんだか
居心地の悪いものです。

老人会からお誘いがあっても行きはしませんが、昔なが
らの学芸会のようなイベントには行きたくもありません。

とはいえ、お世話をされている方々には、本当に感謝申
し上げます。さぞかし、準備などで大変だったと思いま
すよ。



現代の老人は、テレビゲームで遊んだり読書をしたりで、
若い人たちとの行動の差はほとんどありません。

娯楽があまりなかった時代の老人ならば、茶菓子とお茶
を味わいながら婦人会メンバーによる踊りを楽しんでい
たのでしょう。

もう少し、何か考えていただけたなら、楽しく参加でき
るのですがね。



もっとも、祝日というものは、現役世代の若者のために
あるものです。敬老だけなら平日でいいのです。どうせ
老人は毎日が日曜日ですからね。

仕事の疲れを癒して活力を蓄える。暑い夏を乗り切った
身体の調整には、ほど良い時期かと思います。

わざわざ特別なイベントをご用意いただかなくとも、今
の老人たちは余暇が豊富ですので、娯楽に餓えてはおり
ません。

貴重なお休みを、ご自身のためにお過ごしくださいませ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:敬老の日
posted by 子竜 螢 at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

若狭氏の一院制提案

日本ファーストの若狭代表が、党の目指すところとして
一院制の導入を掲げました。

単に参議院を廃止するというのではなくて、両院とも廃
止した上で、まったく別の制度にしようというものらし
いのです。



しかし、一院制の導入は、国会議員の多くが反対しそう
なので実現は困難でしょう。

では、なぜ、あえて反対が多そうな政策を掲げたのかと
推測してみますと、有象無象の民進党からの移民を拒否
する名目ではないかと思われます。

民進党に代わる野党として注目され始めた日本ファース
トに民進党の離党者が数多く来てしまっては、乗っ取り
同然で実質民進党ということにもなりかねません。



ともかく、一院制への変革は憲法の改正も必要です。

首相公選制と併せて、今後の課題ですね。もちろん、トッ
プの権限をより強くした大統領制の導入も視野に入れて
いかなくてはならないかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 11:43| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

衆議院の解散はいつなのか

秋の臨時国会開幕を前に、衆議院の解散が取り沙汰され
るようになってきました。

低迷する安倍政権への支持率から、解散して禊をすると
いう方法もあるのでしょう。



いや、それよりも、日本ファーストの選挙態勢が整わな
いうちに解散するほうがいいと判断するかもしれません。

とはいうものの、自民党の議席が大きく減ることは間違
いありません。

秘書への暴言やら不倫やら、安倍総理自身のこと以外に
も数多くのスキャンダルがありましたからね。



一方、民進党では、離党する議員が出始めており、前原
体制になって少しは落ち着いたものの、今のままでは選
挙に勝てないと不安を感じている議員は多いはず。

結局のところは、自公の圧倒的な数は変わらないのでしょ
うね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:衆議院解散
posted by 子竜 螢 at 23:58| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

年金制度は破綻しない

将来の年金制度が破綻して、今の若者は受給できない。
そんな感じの話をよく耳にしますよね。

誰が主に言っているのかといえば、個人年金の契約を
増やしたい保険屋さんと、年金保険料を払っていない
人たちなのです。



実際に年金を受け取れるほどの年齢になりますと、そ
れ以外に収入の道がなくなります。

採用してくれる企業があったとしても、フルタイムで
働ける体力はありませんし、せいぜいが最低賃金に等
しい派遣もしくはパートでしょう。

ですので、年金制度が破綻しますと、大変なことにな
ります。



では、年金制度は本当に破綻するのでしょうか。

いや、破綻しなくても受給年齢の引き上げでろくにも
らえないのでは、と本当に心配しなくてはならないの
でしょうか。



結論から申しますと、年金制度は絶対に破綻させられ
ないのです。それでなくとも、生活保護費が増え続け
ていますからね。

破綻させられないのですから、税金を投入してでも制
度は存続します。

そこで問題なのは、投入する税金の財源と受給開始年
齢との相関関係でしょうか。



財源が確保できれば、受給開始年齢は据え置きですね。

しかし、多くの人が誤解をしているのですが、受け取
りは60歳になれば可能なのです。減額はされます。

で、何歳になったときに受け取りの総額が逆転するの
かといえば、現在では86歳という計算になりますから
平均寿命との関連で考えてください。



いや、実のところ、年金受給額が多ければいいという
ものではなくなっているのです。

多ければ所得税が課税されまして、住民税にまで影響
しますし、介護給付や生活保護などはもらっている年
金額を差し引いた分しか支給されませんので、潤沢な
資産を持っていない人は最終的に同じになります。



また、税金投入の財源としては、消費税を10パーセン
トまで引き上げることが決定しておりますから、充分
です。

なぜなら、積みあがっている年金保険料の取り崩しだ
けでも、今後数十年は受給できるのです。

破綻する、などという話を信じて保険料を支払ってい
ませんと、老後は苦労しますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:年金
posted by 子竜 螢 at 23:48| Comment(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

仮想通貨の暴落

先日、仮想通貨への投資は、投資ではなくギャンブルであり
ギャンブルですらないとお伝えしました。

その忠告が正しかったことは、中国当局の発表によって、早
くも証明されたのです。



中国当局が、新たな仮想通貨のスタートを禁止いたしました。
それによって、既存の仮想通貨が軒並み暴落したのです。

社会情勢などのファンダメンタルの部分で大きく動く相場と
いうのは、一般人にとって運任せのギャンブルでしかありま
せん。

いいえ、インサイダーを規制する法整備が未熟なままですの
で、限られた情報源を持たない人が参加すべきではないので
す。



とはいえ、仮想通貨が今後もダメかといえば、そうではあり
ませんよ。

法整備が追いついて、参加者総量が今の100倍くらいにでも
なれば、充分に投資の対象となりえます。

ともかく、わからない知らないものには手を出さない、とい
うのが、大切な資産を失わないための鉄則でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:仮想通貨
posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

支持率が盛り返した

安倍内閣の支持率が、いつの間にかジワジワと盛り返して
いるようですね。

以前ほどの高い支持率ではありませんが、危険水域はなん
とか脱出したようです。



内閣支持率が盛り返した理由を推測してみますと、北朝鮮
のミサイル問題しか思い浮かびません。

日本海に落ちる通常のミサイル発射実験ならイザしらず、
日本列島を飛び越えての実験には、国民もさすがに危機感
を募らせたのではないでしょうか。

その結果、対北強硬姿勢の安倍政権じゃないと、やっぱり
ダメってことになったのでしょう。



一方、いまだに北朝鮮との対話が重要だとしている政党の
支持率はやや下がりました。

核兵器の保有こそが保身だと明言している金正恩氏が、対
話によるいかなる交換条件にても核とミサイルの開発から
手を引くなどとは考えられないだけに、現実を直視してい
る安倍政権への信頼度が相対的に上がったように思えます。

ともあれ、日本には拉致問題というものもあるのですから
安倍政権とて容易ではありません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:内閣支持率
posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

ロシアからの提案

ロシアから、ある意味魅力的でもあり危険でもある提案
がありました。

なんと、シベリア横断鉄道をサハリン経由で北海道まで
つなげようというのです。



実現したなら、ロンドンと東京が結ばれることになるの
ですが、有事の際には危険な輸送手段となり得るだけに
まあ、実現することはないでしょう。

しかも、海底トンネルや橋梁建設の技術と費用を日本に
負担してほしいとのことなので、夢物語でしょうね。

それでなくとも、北海道では廃線が相次いでいるのです
から、採算性や維持費を考えても無理な話です。



見返りに北方領土を返還してくれるというのであれば、
一考の余地はあるものの、日本にとってほとんど利益の
ない話に乗るわけにはいきません。

さらには、線路の軌道幅が違うので、技術的にも簡単で
はないのです。



海に囲まれているからこそ、日本は少ない防衛費でもな
んとかなっているわけでして、大陸と繋がったなら、そ
れこそ憲法を改正しないといけません。

百害あって一利なしの提案ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:大陸横断鉄道
posted by 子竜 螢 at 22:44| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

線路沿線の火災騒ぎ

線路脇で発生した火災が、電車に燃え移るという事件が
発生しましたね。

なぜ燃えている建物のすぐ横で電車を停止させてしまっ
たのか、そこが問題です。



はっきり申しまして、踏み切りの非常停止ボタンを押す
よう依頼した消防も、押した警察も、非常停止ボタンの
意味と役割に無知だったことが原因でしょう。

非常停止ボタンはあくまでも踏み切り事故のために設置
されているものでして、コンピューターは必ずそう判断
しますので、とんでもない場所で電車が強制停止させら
れてしまったのです。

しかも、電車を止めようとしたのは電車への類焼を心配
したからできなくて、線路側からの消火活動をしたいが
ためでした。

しかし、高圧電流が流れている線路上で、架線を濡らさ
ずに消火するというのは不可能でしょう。消防隊員が感
電死する危険性があったのです。



さらには、少し動いてまた電車を止めたのも消防でして、
電車の屋根が燃え出したから、乗客を避難させようと考
えたようです。

ともかく、システムに無知だったことと、小田急本社へ
の火災通報がなかったことなど、これからの沿線火災に
反省点として生かしていただきたいと思います。

幸いにも、乗客が無事でよかったですよね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:小田急線
posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする