2017年09月07日

非核三原則

北朝鮮問題でにわかに緊張が走る中、自民党の議員からは
日本も核武装すべきだとの意見が出始めてきました。

しかし、日本には非核三原則というものがありますし、核
不拡散条約に加盟しているので、実現はなかなか難しいと
思われます。



核兵器を作らない。保持しない、持ち込まないというのが
非核三原則でして、唯一の被爆国だからこその三原則なの
です。

とはいえ、法律に明記されているわけではありません。

あくまでも、暗黙の了解として長年守られてきたものなの
です。



しかし、事態は急変しており、抑止力としての核兵器保有
論が出てきても不思議ではなくなってきました。

現在は、アメリカ軍の核報復攻撃に頼っているだけでして、
一方的な軍事支援の日米同盟は、日本が核兵器を保持しな
いことで成り立っています。

なので、核兵器の製造や保有は、日米同盟を危うくするか
もしれず、一方的な支援じゃなく、アメリカの有事におい
ても日本軍が参戦することを求められるでしょう。



つまり、日本が核兵器を保有しなくとも日米同盟が存続す
る限りでは、充分な抑止力が働いているのです。

むしろ、通常兵器による報復能力を自衛隊に持たせたほう
が抑止力は強まります。

第一、非核三原則を破棄しようにも、国民の理解を得られ
るのは、実際に日本が核攻撃されてからでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:非核三原則
posted by 子竜 螢 at 23:44| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする