2017年09月12日

ロシアからの提案

ロシアから、ある意味魅力的でもあり危険でもある提案
がありました。

なんと、シベリア横断鉄道をサハリン経由で北海道まで
つなげようというのです。



実現したなら、ロンドンと東京が結ばれることになるの
ですが、有事の際には危険な輸送手段となり得るだけに
まあ、実現することはないでしょう。

しかも、海底トンネルや橋梁建設の技術と費用を日本に
負担してほしいとのことなので、夢物語でしょうね。

それでなくとも、北海道では廃線が相次いでいるのです
から、採算性や維持費を考えても無理な話です。



見返りに北方領土を返還してくれるというのであれば、
一考の余地はあるものの、日本にとってほとんど利益の
ない話に乗るわけにはいきません。

さらには、線路の軌道幅が違うので、技術的にも簡単で
はないのです。



海に囲まれているからこそ、日本は少ない防衛費でもな
んとかなっているわけでして、大陸と繋がったなら、そ
れこそ憲法を改正しないといけません。

百害あって一利なしの提案ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:大陸横断鉄道
posted by 子竜 螢 at 22:44| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする