2017年10月12日

中韓スワップ協定が終了

中国と韓国の約6兆円にのぼる通貨スワップ協定が、10
日に終了していたことがわかりました。

通貨スワップとは、緊急に外貨が必要なとき、相手国か
ら融通してもらえる協定のことです。

この協定がありませんと、たとえばエネルギーや食料な
どを大量に緊急に輸入する必要が生じたとき、代金不払
いという不名誉な行為で信用を落としかねない事態も考
えられます。



日本との通貨スワップ協定は、韓国側からの延長申し入
れがなかった時点で消滅しております。

また、アメリカとのスワップも同様に終了しておりまし
て、韓国は今、どことも協定を結んでいない状態なので
す。

で、北朝鮮問題が加熱する中、韓国国民は通過スワップ
浪人の状態を危うんでいるようでして、大きな災害が生
じた場合でも、大変なことになりそうです。



中国側の発表によりますと、韓国側から二度の延長要請
があったそうなのですが、韓国側がミサイル防衛計画を
破棄しなかったことなどにより、延長が実現しなかった
ようです。

やっぱり、二股外交のツケが回ってきたようですね。

今更日本に泣きついてきても、反日姿勢を改めませんと
日本の政府も協定を結べないでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:スワップ協定
posted by 子竜 螢 at 18:25| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。