2017年10月22日

憲法改正

衆議院選挙は、自公勢力が3分の2を占める勢いです。

当然、この後に開催される臨時国会では、首班指名が
安倍総理の続投ということになりそうでして、いよい
よ憲法の改正に動き出すのでしょう。



モリカケ問題など、国民にとっては枝葉末節だったよ
うでして、憲法の改正を望む声が北朝鮮の脅威などか
ら高まっていたものと思われます。

一方、もっとも憲法の改正に反対していた共産党が惨
敗し、反自民の票が立憲民主に流れました。



立憲民主党は、しかし、これ以上の伸びしろがないか
もしれません。なぜなら、他の野党勢力を糾合しては
かつての民主党と同じになってしまうからです。

希望も維新も伸び悩みました。

小池・橋下の両氏が出馬しないことには、この二党も
伸びしろはないでしょう。

憲法改正が現実的なものになりつつあります。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:憲法改正
posted by 子竜 螢 at 23:11| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする