2017年11月29日

北のミサイル発射と横綱の引退とモリカケ

久しぶりのミサイル発射でしたが、アメリカ本土まで届く
火星15号という新型だったらしいですね。

まあ、これで北朝鮮は自分の首を絞めたことになりはしな
いかと思うのです。

そう、アメリカが本気で脅威を感じたなら、もう対話なん
てことにはなりませんからね。



一方、日本はといえば、相変わらずテレビのワイドショー
で横綱の暴行事件ばかり取り上げております。

また、国会では野党がモリカケ問題ばかり追及しておりま
して、危機感というものが足りないのではないかと感じる
次第です。



どうしたら北朝鮮に核とミサイルの開発をやめさせられる
のか、真剣に討議してほしい。

もしも軍事制裁しかないとすれば、日本に及ぶ被害予想と
対処すべき手段を今から講じておかなくてはなりますまい。



確たる証拠が出てこないモリカケしか追求できない野党だ
からこそ、自民一強の選挙結果なのです。

少しの反省も見られないですね。

非核三原則の見直しも含めた防衛政策の論議が必要です。

もちろん、憲法の改正が必要であれば、最優先で議論を重
ねなくてはなりません。



北朝鮮のミサイルと核が恐い理由は、直接的な脅威よりも
外貨の獲得手段として、世界中のテロリストに拡散する恐
れがあるためです。

日本って、本当に平和なんだよね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 14:18| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。