2017年12月31日

中国が50万人難民キャンプを設置

中国が北朝鮮の国境に近い数箇所に、50万人を収容でき
る難民キャンプの設置を始めました。

つまり、アメリカとの合意ができて、Xデーまでに完成さ
せようというのでしょう。

おそらく、Xデーは平昌オリンピックの後です。



アメリカ軍が北朝鮮を空爆したり、場合によっては地上部
隊を派遣しますと、北朝鮮の一般国民は当然逃げます。

が、そのとき韓国は敵として参戦している可能性が強いで
すから、陸続きの中国とロシアへ逃げるでしょう。

それを見越して難民キャンプの建設に着手したのですから、
米中間では戦後体制にまで及ぶ合意ができたということに
なります。



中国にとって厄介なのは、金正恩氏と側近らが逃れてきて、
難民と元々その地で暮らしている朝鮮族などを束ねて自治
区のようなものを作ってしまうことです。

核兵器まで持ち込まれますと、迂闊に手は下せません。

しかも、瀋陽軍管区はずっと北朝鮮を支えてきた江沢民の
上海閥地盤ですから、習近平氏も金正恩氏の亡命はなかな
か受け入れがたいのです。

ですので、難民キャンプは隔離施設です。厳重な警戒で、
外部との接触をさせないと思います。



じつは、日本でも北朝鮮からの難民を予想しておりまして、
ある場所での整備が進んでおります。

もちろん、工作員が紛れ込んでいる可能性が大ですから、
一般社会とは隔絶した離島ですね。

こうして関係諸国はXデーに向けた準備をしているわけで
すが、韓国のみには詳細が知らされていないようです。

なぜなら、北朝鮮へリークしそうですからね。そのときに
なってから、融和政策の間違いにやっと気付くのでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 12:29| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

あらためて相撲問題に一言

貴乃花親方が理事を解任させられるという処分が、理事会
で決定したようですね。

当人としては覚悟の上での抗戦だったと思いますが、どう
にも理解できないのは、公益法人としての資格です。



国から補助金が出ている公益法人であるならば、国民が納
得できる理事会でなくてはならないでしょう。

なのに、なぜ被害者側の処分のほうが加害者側よりも重い
のですかね。

そもそも問題を起こしたのは日馬富士であって貴乃花親方
ではありませんし、協会へすぐに報告しなかったという罪
なのであれば、加害者側の親方も同罪であるはず。



さらには、暴行を受けて休場せざるを得なかった貴ノ岩の
番付が下げられています。

おかしくないですか?

だったら、その場にいて暴行を止めなかった白鵬も鶴竜も
大関に格下げしないと、おかしいではありませんか。

なぜ減給だけですか?

しかも、その鶴竜が次の力士会長ですからね。



そもそもの発端を言わないで、後で発生した貴乃花親方の
対応のほうを重視しているなんて、納得できませんね。

あの暴行事件がなかったなら、貴乃花親方の問題もなかっ
たのです。簡単な理屈ではないですか。

貴ノ岩に休業補償が支払われるという話も聞きませんし、
なぜかマスコミも貴乃花親方のほうを問題にしています。

加害者と被害者の区別がつかないなんて、開いた口がふさ
がりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:貴乃花
posted by 子竜 螢 at 20:07| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

習近平首席を暗殺未遂か

中国の習近平国家首席が腹痛で入院したと伝えられました。

ですが、どうやら暗殺未遂事件があったとの情報も飛び交っ
ておりまして、メディアも混乱しているようです。



暗殺未遂事件だったという根拠としては、腹痛なら中南海の
医師に診てもらえばいいのに、わざわざ301病院に入院して
いることに加えて、病院の警備が尋常ならざるレベルだとの
ことなのです。

そして、以前にも暗殺未遂事件が起きたとき、やはり腹痛と
称して301病院に入院していたことからも、暗殺未遂事件で
はないかと噂されるに至ったのでしょう。



では、仮に暗殺未遂事件が本当だったならば、黒幕はどこの
誰が考えられるでしょうか。

1:江沢民の上海閥
2:チベットやウイグル
3:北朝鮮

この中でもっとも可能性が高いのは、上海閥でしょうか。

腐敗撲滅運動と称して、党内の重職から上海閥の面々を大量
に追い出していますから、狙われても不思議ではありません
し、過去の暗殺未遂事件の犯人もそうでした。



しかし、北朝鮮という可能性も捨てきれません。

なぜなら、国連の制裁決議に中国も賛成に回ったからでして、
上海閥から支援を受けていた北朝鮮としては、習首席の同盟
違反に怒っていても不思議ではありません。



ともあれ、中国のメディアは簡単な報道しかしておりません
ので、真相のほどは不明です。

とはいえ、海洋膨張政策などでも多くの敵を作ってきたのは
事実なのですから、安否のほどが気になります。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:習近平
posted by 子竜 螢 at 14:30| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

生活保護費とニートの問題

生活保護費が来年の4月から5パーセント引き下げられます。

受給者個人ごとの状況が異なりますので一概になんとも言
えない部分はあるのですが、少なくとも年齢と障害程度に
合わせた制度にならないものかと思いますね。



たとえば、若い頃にニートになって、そのまま高齢者にな
る人が、意外と多いのです。

ニート数の調査は30代までが範囲らしくて、もっと上の世
代にはニートがいないかのような調査しか行なわれており
ません。

当然、高齢になってしまうと働けませんから、生活保護と
いうことになるわけですが、国民の感情としては許しがた
い受給者でしょうね。



一方、真面目な受給者もいますし、できれば働きたいと思っ
ている人もいるでしょう。

しかし、自家用車の保有が認められないので、地方では通勤
ができません。わざと働けなくしている制度でもあるのです。

また、働いた分だけ減額されてしまうので、働く意欲がなく
なりますよね。せめて、ある一定額は収入として認めるよう
にしませんと、5パーセントの減額には耐えられなくなります。

所有している住まいにしても、無理に売却させて家賃支払い
が生じる生活にしなくとも、生きている間は慣れ親しんだ家
で暮らしていただいて、亡くなった後に処分できる制度にす
ればいいと思います。

つまり、生活保護費の担保とするわけです。



本当に困っている人が受給していなかったり、不正受給者が
いたりして、難しい問題ではあります。

でも、働きたくても働けない受給者にしてしまう今の制度は
間違っていると思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 13:44| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

年末の第九演奏会

今年も日本各地で年末恒例の第九演奏会が開かれるよう
ですね。日本の文化としてすっかり定着した感がありま
す。

なぜこの曲が年末に演奏されることになったのかといえ
ば、そこにはオーケストラの経済事情がありました。



ベートーベンがこの曲を発表したのは1824年のウィーン
でした。その頃にはほとんど耳が聞こえなくなっていた
といいます。

で、年末に第九の演奏をするようになったのは、ドイツ
のオーケストラで、ライプツィッヒ・ゲバントハウス管
弦楽団という名門です。

ドイツが第一次世界大戦で敗北して国民の意気が沈んで
いたので、年末に奏でるようになったとか。

日本でも同じく、敗戦からの復興を願って、1947年には
年末に演奏されることになりました。今のNHK交響楽団
が最初です。



しかし、年末のイベントとして定着した理由は、市民合唱
団の結成が広まったことと、オーレストラの財務事情から
だったのです。

すなわち、年末に安定した収入が見込めるイベントはオー
ケストラにとって有り難いことであり、他の楽曲よりも客
が入る第九が年末に演奏されるようになったといいます。

まだ生演奏を聞いたことのない人は、一度は聞いておくべ
きでしょう。人類の最高傑作ですからね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:第九交響曲
posted by 子竜 螢 at 22:17| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

「いずも」型を空母に改装

イージス艦「いずも」型が正式な空母に改造されるかも
しれません。

もともと空母のような外観でして、対潜水艦用のヘリ空
母として運用されておりました。



北朝鮮、そして中国からの軍事脅威が高まるにつれ、防
衛省では巡航ミサイルの導入に続いて空母の保持の検討
段階に入りました。

「いずも」型空母はほかに「かが」が就役しておりまし
て、現時点でもF35Bというステルス戦闘機の搭載が可
能な設計になっております。

といいますか、飛行甲板とその下にある格納庫とを結ぶ
エレベーターの大きさが、前もってF35Bの大きさに合
わせてあったのです。

F35Bは海兵隊の仕様でして、垂直発進が可能なステル
ス戦闘機です。



「いずも」型の改装は、主に飛行甲板の耐熱性アップです。

F35Bが発進時に出す高熱に耐えられる改装工事が必要
でして、早ければ二年後には日本も空母二隻を保有する
ことになりますね。



ただし、問題なのは憲法との整合性でしょうか。

しかし、日本人はとかく本土のみの防衛しか意識をしな
い傾向にありますが、南西諸島や離島の防衛には空母が
欠かせません。

また、本土の防衛にても、航空基地の滑走路がミサイル
攻撃によって一時的に使用できなくなった場合に備えて
おくのは悪い話ではありません。

日本国憲法の精神とは日本から戦争を仕掛けないという
ものであって、報復攻撃能力までをも奪っているもので
はないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 16:55| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

北朝鮮への追加制裁

クリスマスイブの昨日、国連は北朝鮮への追加制裁を満
場一致で採択いたしました。

満場一致なのですから、中国もロシアも賛成したことに
なります。拒否権は発動しなかったのです。



追加制裁の主な内容としましては、石油精製品の北朝鮮
への輸出を、年間50万バレル以内に収めること。

北朝鮮からの出稼者を24ヶ月以内に本国へ帰すこと。

つまり、ミサイルの発射実験ができないほどの燃料しか
輸入をさせず、開発費としての外貨獲得手段も遮断する
というのですから、北朝鮮にとっては致命的でしょう。



ただし、間違ったメッセージとして受け取ってほしくは
ないですね。戦争するのが目的ではなくて、国連の決議
に従って核とミサイルの開発をやめさせるのが目的です。

とはいえ、なにやら太平洋戦争直前の日本と状況が似て
いなくもないので、やはり平昌オリンピックの直後がもっ
とも警戒すべき時期なのかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:54| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

クリスマスイブ

クリスマスイブですね。今夜は恋人とどう過ごそうかと
考えている人は、きっと幸せなのでしょう。

しかし、クリスチャンでなくとも、教会でのクリスマス
ミサはいいものですよ。日本式のバカ騒ぎクリスマスが
つまらなく感じてしまいます。



日本人として不思議なのは、一日違いで天皇陛下の誕生
日だったのに、キリストの誕生日のほうを重視している
国民性ですね。

そして、一週間後には神社へ初詣に出かけるという宗教
的な垣根のなさです。
 
外国の人から見ると、日本人ってどのように映っている
のでしょうか。



今年も残りわずかですね。

馬鹿騒ぎするのはいいですが、新年を迎える準備だけは
怠れません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

ビットコインの暴落

ビットコインがついに暴落しましたね。リーマンショック
をはるかに上回る下げ幅だったとか。

とはいっても、所詮はギャンブルに近いものなのですから
ゼロにならないだけマシかもしれません。



ギャンブルだとあえて申し上げましたのは、事実上の決済
手段としてはみられていないからでして、ほとんどの保有
者は投機目的なのです。

そして、監督している団体もないし、保証している国もな
いただの民間仮想マネーですからね。なんで世界中から買
い注文が集まっていたのか、理解不能です。



いや、勉強すればするほど高騰していた理由がわからなく
なってしまいました。

たとえば、発掘と称して毎日いくらかの総量が増えます。

段々と総量が増えていくのに価値が上がるものって他にあ
るでしょうか。

そしてなにより、膨大なデータ処理が必要となってきて、
スムーズな決済機能ができなくなっております。発掘にも
膨大な電気代が必要らしくて、電気代の高い日本でやると
赤字が確実です。



いいえ、もっとも問題なのは、毎日5ギガバイトほどずつ
増えている処理能力にひつようなメモリー量がこのまま続
けば、いつかは必ず継続不能となります。

運営側の経費がバカ高くなって、等価交換ですら怪しくな
るでしょうね。今は買い人気で支えられて値上がり傾向で
はあるものの、落ち着いてくれば、値下がり傾向がほぼ永
久に続きそうなシステムなのです。

総量が自然に増え続けることと、経費の自然増大がありま
すから、当然ですよね。



で、会費なり決済手数料までが発生するようになれば、ク
レジット決済に主流が戻るでしょう。

そのとき、みんなが売り急ぎますから、価値はほぼゼロに
なる危険もあるでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:54| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

韓国への団体ツアーが禁止に

中国では韓国への団体ツアーが再び禁止逸れることになり
ました。来年1月からだそうで、12月に出発するツアーも
当局の許可が必要になったらしいですね。

文在寅大統領の訪中で冷え切っていた関係が戻ったかに見
えたのですが、いったい何があったのでしょうか。



いうまでもなく、平昌オリンピックは中国からの応援団が
来ないので、ただでさえもチケットが売れずに困っている
ところへの禁止ですから、韓国には相当な痛手でしょう。

ミサイル防衛システムTHAADの配備が関係を悪くした
原因のひとつではありますが、中国を攻撃しようかという
兵器ではないのですから、民間レベルの話にまで国が規制
するほどのことではないでしょう。



となれば、やはり北朝鮮の情勢がらみですね。

ひょっとすると、習国家首席とトランプ大統領との間で、
朝鮮半島戦争の後の勢力図が合意に至ったので、いつ開戦
となるのかわからず、巻き添えにならないよう、韓国への
旅行を禁止したのではないでしょうか。

それを裏付ける話として、アメリカ政府は在韓米軍兵士の
家族たちに貴国を促しはじめました。

平昌でのオリンピックとパラ錬ピックが終わった頃あたり
が、Xデーなのかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:中国 北朝鮮 韓国
posted by 子竜 螢 at 18:08| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

またしてもNHKが

埼玉県大宮市で起きた風俗店火災で、亡くなられた客の
実名をNHKが報道してしまうという重大なミスがあり
ました。

多くの批判を受けてニュースサイトからはさすがに削除
したようですが、削除すればいいというものではなく、
遺族の方への謝罪文を掲載すべきではないでしょうか。



いつも思うのですが、事件の被害者と加害者を実名で報
道する必要があるのかという問題です。

当然、加害者は実名だろうという意見が聞こえてきそう
なのですが、裁判で罪が確定するまでは容疑者でしかな
いのですから、加害者の実名報道には身長でなくてはな
りません。

まして、自殺サイトでの事件でも問題になったように、
不名誉な死に方をした人の実名を報道するなんて、何を
考えているのだろうかと思いますね。



どこかに驕りがあるのなら、国民からの強制受信料徴収
はやめさせて、見たい人だけが見るスクランブル放送に
転向させましょう。

また、30代の平均で年収2000万円という職員待遇も
国民には理解できないところです。

国会は、NHKのあり方に対して、まともな議論をして
ください。

ついでに、相撲協会もかな。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:実名報道
posted by 子竜 螢 at 23:48| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

結局は旧民主党か

民進党が立憲民主党と希望の党に国会での統一会派結成
を呼びかけております。

まあ、どうしてこんなことを考えるのでしょうかね。そ
れじゃまるで旧民主党の蒸し返しになるではありませんか。



せっかく右派と左派とが別れてすっきりしたのに、何の
意味もなかったってことですね。

単なる数あわせなんてしなくてもいいのです。ちゃんと
した政策を掲げてくれれば、支持者は自然と集まります。

政権を得たという過去の栄光が忘れられないのでしょう
か。それならそれで、政権を失った理由をよく考えてみ
ることでしょう。

過去にダメだったことを蒸し返してみたところで、結果
は同じ。そんなこともわからない人たちが国会議員なの
でかね。驚きます。



ここまで辛辣に書く理由はただひとつ。

野党がある程度強くないと、与党が好き勝手するからです。

つまり、三つに分裂したとはいえ、それぞれの特色を生か
した政策を掲げて頑張ってほしいからなのです。

いつまでも政局にこだわり、モリカケばかり言っているよ
うでは、先が見えてしまいますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:民主党
posted by 子竜 螢 at 21:16| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

イージスアショアを閣議決定

イージスアショアの導入が閣議決定されました。ミサイル
防衛の必要性が高まる中では、当然のことでしょう。

ただし、問題がないわけではありません。



海に浮かぶイージス艦は日本の防衛の要となっております
が、それを陸上に配備するのがイージスアショアです。

レーダーで捉えた多目標を同時処理できることから、ミサ
イルに対する防衛には必須です。

で、韓国に導入されたTHAADと違うところは、日本全
土をカバーするのに2基あれば充分な点でして、秋田県と
山口県の自衛隊用地が候補のようです。



イージスアショア導入の問題点とは、ロシアや中国が反発
しそうなことと、イージス艦のようには動けないことです。

万一戦争となったなら真っ先に狙われる施設でもあるので
地元民の建設反対も予想されます。

さらには、今から着手しても運用開始が5年後とのことなの
で、北朝鮮の脅威に間に合うかどうか、微妙ですね。

ともあれ、ないよりはあったほうが安心でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:05| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

元号廃止論には反対

天皇陛下の生前退位が決定してから、元号に関する議論が
活発となってきました。

天皇が交代すると元号が変わるからでして、元号を廃止し
て西暦だけにすべきという主張も出てきました。



行政の現場や顧客名簿の管理などでは、もちろん西暦で統
一するほうが簡便なのでしょう。

しかし、元号はその時代ごとの特色を現している面もあり、
不要だとする意見には賛成できかねます。

そして、歴史の時間に習ったさまざまな事柄が、元号の廃
止で大変なことになってしまいます。

たとえば、大化の改新、弘安の役、応仁の乱、享保の改革
などなど、元号を用いた事件名は数多く存在するのですが、
これを西暦に直してみても、何のことだかピンときません
よね。



日本には西暦とは別に、皇紀という年号があります。

神武天皇の即位年を元年とした、紀元2600年などという表
記ですが、さすがにこれは一般的ではありません。

でも、神話も含んでいるとはいえ、皇室の系譜を表してい
る年数としては意味があるかと思います。中国4000年とい
うのと同じですね。



まあ、賢く使い分ければいいのであって、目くじらを立てて
廃止を叫ぶ人は、多分皇室そのものを廃止したいのでしょう。

だとするなら、いかなる理由にても元号の廃止には賛成でき
ませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:元号
posted by 子竜 螢 at 23:56| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

ヘリの窓枠事故は騒ぎすぎ

また沖縄で米軍関連の事件がありましたね。ヘリの窓枠が
小学校のグランドに落下したというものでして、それ以前
にも幼稚園の屋根に落下していたらしい。

こういう事件が起きる度に、基地の移転が絶対だと騒ぐ方
たちがいるわけですが、民間の航空機だってさまざまな物
を落としています。

でも、民間の飛行場を移転させろという話にはなりません。



では、どうして基地の周辺に民家や学校があるのかといえ
ば、それは沖縄県の行政ミスだろうと思うのです。

戦時中には日本軍の基地として作られて、周囲には民家ど
ころか何もありませんでした。

アメリカ軍が使用し始めた頃も民家はまばらで、今のよう
な過密状態にしたのは、機知の周辺を市街化区域に指定を
した行政のミスではなかったでしょうか。



民家が増えれば学校や病院も必要となってきます。

基地が近くにあって騒音がひどいだろうから土地価格が安
いし、固定資産税も同様ってことで、民家が増えていく。

ならぜ滑走路の延長線にある土地まで市街化区域にしてし
まったのか。沖縄県側は基地の批判をするなら、ミスの反
省もしなくてはならないでしょう。

航空機も自動車も、事故はつきものです。

車が我が家に突っ込んできたからといって、道路をなくせ
と叫ぶ人はいませんよね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 19:40| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

一帯一路構想が早くも破綻か

中国の習近平政権が押し進めていた一帯一路構想は、東ア
ジアから東欧やアフリカにまで延びる現代のシルクロード
でした。

しかし、ここに来て、ルート国のいくつかが計画のキャン
セルを言い出したのです。



ネパール、ミャンマー、パキスタンといった国々が、主に
ダムと水力発電所の件戦を巡って、契約内容には同意でき
ないと表明しました。

おおまかに説明しますと、それらの建設資金は中国が貸付
て、担保として該当の施設のみならず、周辺の施設までを
も中国が利用するという契約内容だったのです。

つまり、途上国にとっては返しきれないほどの借金を背負
わされた上に、既存の施設まで中国に押えられようとした
わけです。



さすがに国益を損なうものだと三カ国は契約をキャンセル
したわけですが、キャンセルせずに中国にお任せしたのが
アフリカの諸国です。

工事で大量の雇用が発生するので国が潤うかと思っていた
ら、必要な工事人夫はすべて中国が派遣しました。

すなわち、一帯一路構想は他国に何の利益ももたらさない
中国独善の計画だったわけですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:11| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

労働力としての移民受け入れは反対

少子高齢化はもはや避けられない事実ですし、こればかり
は急にどうしようもありません。今生まれた子供が成人に
なるまでには20年待たなくてはなりませんからね。

しかし、即時に解決しようというのが移民の受け入れなの
ですが、賛成派の人たちは、将来待ち構えているリスクを
どう考えているのでしょうか。



たしかに、労働力としての移民を受け入れれば、目先の労
働力不足は改善されるでしょう。

ですが、その移民者たちが高齢になると、さらに厄介です
よ。何倍もの移民を受け入れないと成り立たなくなります
からね。

三世代ほど後には、日本が日本ではなくなってしまいます。

とくに中国人や韓国人を大量に受け入れたならどうなるこ
とやら、想像すらできないのでしょうか。



さらには、治安の問題。生活習慣や言語の面でのトラブル
など、移民の受け入れは良い面ばかりではないのです。

諸外国の例を見てもわかるように、移民を受け入れて成功
した例など皆無です。



移民を受け入れるべし、と主張する人は、現状のままでの
やるべきことを考えていただきたいと思うのです。

すなわち、元気な高齢者の雇用促進。

ニートなどの社会復帰促進。

などなど、現状のままでもやるべきことは大いにあるでしょ
う。人数あわせだけの移民受け入れには反対ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:移民 少子高齢化
posted by 子竜 螢 at 17:37| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

仮想通貨はバブルそのもの

ただ保持しているだけで価値が10倍になった、なんて記事
を目にしますと、仮想通貨への関心は自然と増えてきます
よね。

しかし、仕組み自体は勉強の末に理解できても、なぜ生産
行為が一切ない仮想通貨の価値が変動するのか、いまだに
理解できません。



株式のように、発行している会社が製造なりサービスの提
供なりの生産行為を行なっているものが、時々の評価で価
格が変動するのは当たり前です。

でも、仮想通貨とはなんでしょうか。それ自体に新たな付
加価値があるとは思えないのですよね。



まあ、最近では国ごとの規制や、就役にはキャピタルゲイ
ン課税を検討している国がでてきております。

また、このまま仮想通貨市場が大きくなっていきますと、
国家が発行している貨幣の価値が相対的に下がりますから、
いつか必ずとんでもない規制が入って、先しぼみになるの
は目に見えております。

すぐにそうならないのは、仮想通貨が国際的であり、国際
的な話し合いが容易にはまとまらないからです。

しかし、FXのように、一旦話し合いがまとまると、今の
ような旨みはなくなりますから、保有者の大半が売りに出
て、それで終わりです。

参入するなら、引くタイミングが重要ですよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

外国人技能研修制度は日本の恥

またまた外国人技能研修生が被害に遭う事件が起きまし
たね。アパレル産業で働いて時給が400円なのに、それ
すらも未払いになっているというのです。

日本人の半分以下の時給です。しかも、住まいの家賃や
光熱費は安くなるわけではないので、国へ仕送りするの
も大変だったことでしょうね。



外国人研修制度には二つの問題点があります。

ひとつは、最低賃金を守らなくてもよいので、研修とは
名ばかりの安価な労働者でしかない点です。

もうひとつは、制度そのものの存在理由が疑問だという
ことです。研修で得た技能が本当に帰国後に生かせたと
いう話を聞いたことがないからです。



度々申し上げますが、技能研修生という安価な労働力を
導入しないと成り立たない会社というのは、そもそもの
ビジネスモデルが最初から破綻しているのではないでし
ょうか。

オートメーション化のための設備投資をする資金力がな
いなら、その分野に手を出さないか、どうしても手作業
が必要なら、製品価格に上乗せができるほどの製品の質
と営業力が求められるでしょう。



仮に、自分が勤めている会社に外国人の研修生が来たな
ら退職を考えますね。

だって、研修生を導入する経営者は、日本人社員の給与
だって上げたくはないはずなのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:54| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

ふるさと納税はまるで通販

ふるさと納税のことは度々採り上げておりますが、どうにも
理屈が合わない制度だなと感じております。

もちろん、納税者にとっては魅力かもしれませんが、魅力的
な特産品のない区市町村では、間違いなく税収減となってい
るのです。



そもそも、ふるさと納税制度は、済んでいる地域へまともに
納税している人にとっては何の恩恵もないわけでして、納税
に不公平が生じております。

なので、納税ではなくて、あくまでも寄付金にした上で、お
住まいの地域への住民税も支払っていただくというのが正し
いだろうと思うのです。



とくに東京などの大都会では、地方から雑多な人があつまっ
ても生活が維持できるように、インフラの維持メンテナンス
が欠かせません。

なのに、税収を別のところに持っていかれては、あたかもボ
ランティアであって、理屈に合わないと感じております。



ふるさと納税からふるさと寄付金への制度変換をしませんと、
返礼品の額がますますエスカレートして、納税してもらって
も意味がなくなってしまうでしょう。

現状はまるで通販と同じですよね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ふるさと納税
posted by 子竜 螢 at 13:23| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする