2017年12月21日

またしてもNHKが

埼玉県大宮市で起きた風俗店火災で、亡くなられた客の
実名をNHKが報道してしまうという重大なミスがあり
ました。

多くの批判を受けてニュースサイトからはさすがに削除
したようですが、削除すればいいというものではなく、
遺族の方への謝罪文を掲載すべきではないでしょうか。



いつも思うのですが、事件の被害者と加害者を実名で報
道する必要があるのかという問題です。

当然、加害者は実名だろうという意見が聞こえてきそう
なのですが、裁判で罪が確定するまでは容疑者でしかな
いのですから、加害者の実名報道には身長でなくてはな
りません。

まして、自殺サイトでの事件でも問題になったように、
不名誉な死に方をした人の実名を報道するなんて、何を
考えているのだろうかと思いますね。



どこかに驕りがあるのなら、国民からの強制受信料徴収
はやめさせて、見たい人だけが見るスクランブル放送に
転向させましょう。

また、30代の平均で年収2000万円という職員待遇も
国民には理解できないところです。

国会は、NHKのあり方に対して、まともな議論をして
ください。

ついでに、相撲協会もかな。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:実名報道
posted by 子竜 螢 at 23:48| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする