2018年01月31日

相撲は神事かスポーツか興行か

2月二日に注目の理事選挙があります。

このところ何かと騒がしい大相撲ですが、ファンの意見
も真っ二つに割れるほどの貴乃花親方への評価には、モ
ンゴル人力士たちも理事選の行方を心配していることで
しょう。



相撲協会と貴乃花親方のことを語る際に、相撲というも
のの位置づけに対する曖昧さが問題をややこしくしてい
るのではないかと思うのです。

すなわち、大相撲は神事なのかスポーツなのか、はたま
た見世物興行なのか。

この三つのいずれかによって、八角理事長と貴乃花親方
のどちらが正当なのかがわかるだろうと思うのです。



神事ならば、外国人力士は必要ないし、いてはならない。

スポーツならば、ルールで許可されている張り差しやカ
チアゲを禁止するのはおかしい。

見世物興行なのだったら、八百長を問題にするのは変だ。



つまり、大相撲の性格がこれらのいずれでもなく、また、
親方によって違う位置づけをしているのですから、常に
問題が発生して、それが繰り返されるわけです。

大相撲とは何なのか。

新しい理事会で性格をハッキリさせませんと、意味があ
りませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:大相撲
posted by 子竜 螢 at 23:48| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

過熱式電子たばこでも受動喫煙

受動喫煙の問題が大きくなって、喫煙者は段々と片隅に
追いやられているのが現状ですよね。

そこで、周囲に匂いや煙を漂わせない、と登場したのが
過熱式電子たばこです。



ところが、見えない煙の中にも紙巻たばこと同程度の有
害物質が含まれているとわかりました。

大手のカフェチェーンなどで、過熱式電子たばこは禁煙
席利用可としているのですが、これは大問題になりそう
ですね。



そもそも、過熱式電子たばこも、たばこには変わりがな
いわけでして、吸ったあとの有害物質が消えてなくなる
はずがないのです。

子供さんのいる部屋で吸っていたなら、即やめましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:受動喫煙
posted by 子竜 螢 at 20:08| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

人間と動物との区別が曖昧に

小学生のとき、人間は動物ではないと教えられました。

その違いは、人間は火を使えるが、動物は使えないから
だとも教わりましたよね。



言語に関しても同じように教えられた記憶はあるのです
が、動物にも言語らしき伝達手段があることは、古くか
ら判明しております。

そこで、唯一、火を使えるかどうかなのですが、サル類
に使い方を教えますと、人間に近いだけに、100円ライ
ターくらいなら使えるようになりますし、慣れれば炎を
恐がることもなくなるそうです。



ところが、人間に近いサル類などではなく、オーストラ
リアでは、火を使う鳥が三種も見つかったといいます。

目撃者の話によりますと、どこからか燃えている木切れ
などを咥えてきた鳥が草むらに木切れを落として火事に
して、隠れていた小動物たちが逃げ出すところを捕まえ
たそうなのです。

オーストラリアの当局も、不審な野火や山火事の大半が
鳥によるものだったのか、と納得したそうですから、恐
いですね。



かつて、鳥が人間を襲う「鳥」という映画がありました。
あの有名なヒッチコック監督の作品です。

たとえば、かなり賢い部類のカラスが火をつかうことを
覚えたなら、とくに木造建築の多い日本では、恐ろしい
ことになりそうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:人間と動物
posted by 子竜 螢 at 23:11| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

自衛隊は軍隊なのか否か

自民党の憲法改正案に、自衛隊の存在を明記するというもの
があります。

国会での議論はまでそこには至ってはおりませんが、これは
少し危うい考え方ですね。なぜなら、自衛隊が軍隊であるの
かどうかの議論からして分かれているからです。



ある人は、自衛のためにしか存在しないので、国際法でいう
軍隊ではないという。

しかし、一方では、装備や戦力を考えると警察の延長ではな
く、明らかに軍隊だという意見ですね。



日本国憲法第九条に、自衛のための戦力として自衛隊を置く
と明記したところで、護憲派は絶対に納得しないでしょう。

かつて、アメリカとの戦争を始めた理由は、石油や鉄鋼の輸
入をストップさせられたからであって、だから自衛のための
戦争であったと考えられなくもないのです。

つまり、自衛のためなら、核兵器を製造保持することだって
可能となってしまいます。



改憲の本当の狙いは、そんなことではなくて、世界の軍隊の
標準に比して中途半端な存在でしかない自衛隊を、軍隊とし
て認めようということなのです。

護憲派はもちろん反対するでしょうけれど、今の世界情勢か
らしますと、報復攻撃能力を持たない自衛隊は抑止力になら
なくなってきております。

ですので、加筆修正の改憲案ではダメでして、世界標準の軍
保持を明記しなくては、改憲の意味はないでしょう。

それが無理だと思うなら、あえて現状維持のほうがいいです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:自衛隊 憲法改正
posted by 子竜 螢 at 23:56| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

仮想通貨の大量流出

580億円もの仮想通貨が、ハッカーによって流出消失して
しまいました。

管理をしていたコインチェックでは、そのうちの450億円
分ほどは補償するらしいのですが、過去には、ヤハリハッ
キングされた会社が破綻してしまうという事件が発生して
おります。



まあ、セキュリティーというものはどれほど厳重にしても
どこかでいつかは事故になるものです。

原子力発電所なんか、しょっちゅう小さなトラブルが発生
していますからね。

法的には何の保障もない仮想通貨なのですから、運営会社
が破綻したなら、それて終わりです。

それでなくとも、手数料の値下げ競争が激しくなっており、
セキュリティにお金を掛けられなくなった現状があるので
す。



はっきり申しまして、投資の観点で今から参入するのはや
めておいたほうがいいでしょう。

10万円が1億円になったという話に釣られそうになります
が、1億円出して買ってくれる人がいなければ、ただの評
価数字でしかないのです。

しかも、激しく乱高下する価格のために、本来キャッシュ
レスの目的だったものなのに、支払いを仮想通貨でもいい
という取扱店が減ってきています。



ともかく、決済が容易で手数料が安価という持ち味が、い
つの間にかどこへやら。

今回はコインチェックという会社が保有者に補填してくれ
るそうですが、いつも補填してもらえるとは限りません。

何の保障もない。

それを前提に考えましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:仮想通貨
posted by 子竜 螢 at 23:46| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

プレ金続行宣言

プレミアムフライデーが、来月で一周年を迎えます。

えっ、もう一年になるのか、と実態感のなさには呆れ
る思いがしてきます。



これまでどれほどの企業が導入したかは知りませんが、
多くの人にとって、縁のない話だったのではないでしょ
うか。

とくに、月末の金曜日というのは、もっとも忙しい日
なのですからね。

ところが、経済産業省が、次年度も続行だと宣言しまし
た。民間のことを少しも理解していないようですね。

続けるのはいいとしても、月末でいいのか、企業や職場
によって実施日を変えたらどうなのか、といった検討の
余地があろうかと思うのです。



それに、実施している大方が公務員だとすると、2時間
早く早退した分の給与が減らされたという話は聞きませ
んね。

国も自治体も赤字なのにですよ。



まあ、働きすぎはよくありません。

でも、どうせならば法制化をして、個々に好きな日を選
べるようにしてはいかがでしょうかね。

一斉の3時退社は、道路や電車の混雑を招きます。

机上の空論に終わらない工夫が必要でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

北朝鮮に乗っ取られた韓国

このところ朝鮮半島の記事ばかりなので、飽きてきた感じ
ではあるのですが、大変なことが判明しましたのでお伝え
いたします。

なんと、韓国のほとんどの政府機関では、局長クラスはい
うに及ばず、部課長クラスまでが反米親北思想の人物たち
で占められてしまったようなのです。



かつて、韓国には金日成主義を掲げる全国大学生大商社協
議会なるものが存在していました。日本でいえば学生運動
の左翼組織です。

その連中が今ではほとんどの要職を占めているそうでして、
中には国家保安法違反で懲役5年の実刑に服務した人物まで
混ざっているらしい。

すなわち、国民の意思はどうあれ、文在寅大統領が就任して
からわずか8ヶ月の間に、国家は完全に北朝鮮の傀儡政権に
なっていたのです。



韓国の国民は、朴大統領を弾劾したローソク革命の味を知っ
ていますから、いつでもおかしな大統領をクビにできるもの
と思い込んでいるのでしょう。

しかし、政府が北のやり方を踏襲するならば、デモ隊を戦車
でひき殺すなんて、躊躇することなくやるでしょう。

折りしも、北朝鮮が全世界の朝鮮人の一致団結を呼びかけま
した。文政権は賛意を表しております。

もはや、手遅れかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:韓国 北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 14:46| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

安倍総理の平昌五輪参加

来月8日から始まります平昌オリンピックに、安倍総理
が出席する意向を発表しました。

しかし、最近は韓国との外交面でいろいろありましたか
ら、自民党内でも反対意見が多いようですね。

間違ったメッセージに受け取られかねない、と。



そもそも、オリンピック憲章では、政治利用を禁止して
いるのです。

国家元首を招いたり招かれたりするのはおかしいですし、
オリンピックは国家開催ではなくて都市開催なのです。

次の開催予定である東京都の小池知事が行けば充分です。



それでなくとも、平昌ならぬ平壌オリンピックと韓国民
すら揶揄している中身ですので、再考を求めたいと思い
ますね。

いや、行くなら、個人でチケットを買って、旅費も個人
負担で願います。それなら反対はしませんよ。一般の観
戦ものとしてならいいでしょう。

ただし、国会開催中なのですから、日曜日に日帰りです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:平昌五輪
posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

196通常国会

今年も通常国会が始まりました。6月20日までの20日間です。

しかし、争点となりそうな議案が、どうにも思いつきません
が、あえて言うなら、消費税10パーセントへの是非でしょう
かね。

まさか、モリカケをまだやるつもりではないでしょう。



憲法改正李論議は争点ではありますが、半年やそこらで論議
を終えられるような案件ではありません。

また、小泉元首相が掲げる脱原発も、国論を二分する問題で
すので、短期間でどうこうできる問題ではないでしょう。



とすると、やはり経済政策の細かな点が焦点となりそうでし
て、賃上げや人手不足、消費税のことまでが論点となりそう
です。

でも、小さな問題の集まりでありながらも、まとまれば今後
の日本経済を左右しかねない大きな問題になります。

与党はもちろん、野党の側も少しは存在感というものを見せ
ていただきたいものですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:通常国会
posted by 子竜 螢 at 23:54| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

首都圏の大雪

今朝未明から降り出した首都圏での雪が、夕方前には
20センチも積もったそうでして、高速道路や鉄道、空
の便まで閉鎖になっております。

雪国に住む人の苦労がわかっていただけたかとは思い
ますが、それどころじゃありませんよね。



この時期の首都圏に積雪があるのは珍しく、降雪を記
録するのは大抵冬の終わりでした。

除雪機器も融雪装置もありませんから、20センチでも
大変だろうと思いますし、明日の朝までさらに積もり
そうですので、充分に注意していただきたいと思いま
すね。



その昔、有名な忠臣蔵の討ち入りでも雪が降っており
ましたが、それは芝居上のことらしく、実際には雨が
降っていたそうです。

雪に見せた紙吹雪なら芝居はできても、シャワーで雨
を降らせて舞台をびしょ濡れにはできませんし、雪の
ほうが美しい。



なんにせよ雪は厄介なものなのですが、子供たちは大
喜びではないでしょうか。

雪だるま作りにソリ遊び。

童心に戻って、一緒に遊んではいかがでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:大雪
posted by 子竜 螢 at 22:24| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

フランスの徴兵制度復活構想

徴兵制度を存続させている国のほとんどは、これまで共産
国家や独裁国家がほとんどでした。

しかし、ここにきて、スウェーデンが徴兵制度の復活をし、
フランスのマクロン大統領も復活構想を掲げております。



フランスが掲げようとしている徴兵制度は、わずか一ヶ月
間のみというものです。

で、何が狙いかと言いますと、当然のことながら、たった
一ヶ月間だけでは国防の足しになるどころか足を引っ張る
存在になりそうなだけに、別のところにあります。

すなわち、無制限に膨らみつつある難民への対策でしょう。

帰化する者しか難民として受け入れず、国籍を有する者に
は徴兵制度がありますよということで、安易な移民や難民
が来ないようにするのが目的なのです。



じつは、お隣韓国では、ここ10年間で徴兵逃れのために他
国の国籍に変更した若者が22万人もいたことが判明しまし
た。

そういう連中が今後も増え続けて日本へやってきては日本
人として帰化するものとすれば、ゆゆしき問題なのです。

下手をしますと、国際問題煮まで発展しかねません。

かといって日本も徴兵制度を復活させようとすれば、憲法
以前の問題として国家財政が持ちませんから、復活は不可
能です。



このように、徴兵制度の問題は移民や難民の問題と深い関
係にあります。

単なる労働者不足のためだけに移民を推奨する意見は、徴
兵制度をからめた国家間問題にまで踏み込んでおりません。

国防軍の兵士になる予定の者たちを大量に受け入れたなら、
日本は敵視されてしまいます。

また、女性のみに限ったとしても、男女の人口バランスが
悪化して独身男性が多くなった結果、少子化を招く相手国
からは敵視されるでしょう。

労働力が足りなくなるから移民を受け入れろ、という単純
な話ではないのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 19:01| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

韓国陸軍が12万名削減へ

北朝鮮による半島の危機がかなり高まっている今、なぜ
か韓国政府が陸軍の削減案を掲げました。

現在およそ62万名の陸軍兵士を、4年後までに12万名も
減らすというのです。

また、兵役義務も21ヶ月間から18ヶ月間に短縮される
らしく、正規軍だけでも120万名という北朝鮮人民軍に
どう対抗するつもりなのでしょうか。



まあ、文在寅大統領という人は、北朝鮮に気に入られる
ことなら何でもする人ですから、平昌オリンピックでの
アイスホッケー合同チームはおろか、北朝鮮選手団の滞
在費までをも負担するつもりのようです。

この大統領は、これまでの動きを見る限り、北朝鮮によ
る半島の統一を望んでいますよね。

最近ではアメリカ軍の存在も疎ましく感じているようで
して、ミサイル原潜バージニアの釜山入港を拒否しまし
た。

人権無視の北朝鮮による統一を国民までもが望んでいる
と勘違いしているのかどうかは知りませんが、ともかく
そういう大統領を選んだのは韓国の国民ですし、ここま
ではあくまでも他国の問題です。



しかし、朝鮮半島が北によって統一された場合、日本の
国防にとっては大変な問題が持ち上がります。

それは、航空自衛隊の能力が、専守防衛という範囲を超
えてしまうからなのです。

アメリカから輸入している戦闘機は、わざわざ航続距離
を落とした日本仕様にするという馬鹿げた性能ダウンを
いまでもやっているのに、半島の北統一で、攻撃可能な
兵器になってしまいます。

ならばいっそ、性能ダウンさせていない正規の戦闘機を
今のうちから配備させておきましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:朝鮮半島
posted by 子竜 螢 at 23:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

困惑するユーチューバー

ユーチューバーと呼ばれている人たちの悲鳴が聞こえて
きますね。グーグルの傘下に入ってから二度目の大きな
規約改正です。

人気動画サイトのYouTubeですが、報酬を支払われる基
準がまたも変更となりました。



YouTubeから支払われる報酬は、大きく分けてふたつ。
再生回数と広告のクリックです。

しかし、グーグルの傘下になってからは、1万回再生され
た動画のみが、広告表示の対象になりました。

そして今回、チャンネルごとに4000時間の再生時間と、
チャンネル登録者が1000人というとてつもない壁になっ
たのです。



再生時間こそ時間の問題でいつかはクリヤーできますが、
1000人のチャンネル登録者というハードルは高すぎます。

動画サイトをよく利用する人でも、よほどのことがない限
りチャンネル登録なんてしないでしょう。

さほど面倒ではないのですが、余計なメールが届くように
なるなど、煩わしさを心配するからです。



この問題に関して運営側は、次のように述べています。

これまで報酬の支払い対象だった人の多くは、新しい基準
にも合致しているので問題ありません、と。

本当にそうなのでしょうかね。

ユーチューバーになることを諦める人が多くなり、面白い
動画が少なくなってしまうのではないかと危惧されます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:59| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

新元号が秘密にされる理由

来年の4月から使用されることになる新元号ですが、決
定と発表には最大限の秘匿性を要します。

なぜかといえば、中国などがいち早く山ほどの商標登録
をするかもしれないからですね。



元号が利用されるものには、企業名などがありますよね。
商品名にも一部が使用されたりしますので、他国が商標
登録してしまうと、ややこしい問題となります。

それでなくとも、コピー商品やパクリが横行している隣
国さんたちですので、選定過程は極秘に、発表は直前で
なくてはなりません。



元号は不要との意見もあるでしょうけれど、時代を言い
表すにはこれほど便利なものはありません。

現在時点だけのことを考えると西暦だけでいいのですが、
いずれ過去となったとき、元号は歴史の一部になります。

我々は、自分が生きている時代のことだけを考えてはな
りません。後世にまで財産として残す考えを持つべきで
はないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:元号
posted by 子竜 螢 at 14:15| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

民進党が再分裂か

民進党が再分裂の機器に瀕しております。

いや、国民にとっては右派と左派とが混在していたこれま
でこそが異常だったわけですが、またもや老害と思われる
意見によって、野党の再編が頓挫した格好ですね。



両院議員総会を開いて希望の党との統一会派結成を論議し
た結果、岡田元代表らの無所属立候補組が、猛反対したと
いいます。

理由は、枝野氏の立憲民主党も含めた統一会派でなくては
ならないとのことでして、つまり、かつての民主党の栄光
のみを復活祈願しているようです。

しかし、民主党の復活は誰も望んでおりません。むしろ、
右派は希望へ、左派は立民へ移ってくれるほうがわかりや
すいと考えているでしょう。



とはいえ、希望も立民も民進も、支持率はどれもひと桁で
すので、どのような政局図になろうとも、さほどの変化と
は受け取れないでしょうね。

前述しましたように、右派と左派とがきっちり別れたほう
が支持率はやや上がるかもしれません。

消滅寸前と言われている社民党も含めて、国民の支持を得
るには、いつまでもモリカケじゃないところを見せてほし
いものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:民進党
posted by 子竜 螢 at 21:48| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

仮想通貨の購入を勧める人たち

仮想通貨を買うよう勧めてくる人たちがいます。そういう
メールが山ほど届きます。

当初から参画していた人は、100倍の値になったとか、一
億円の利益を得たとか、そういう話をしますよね。



すでに保有している人にとっては、つぎつぎと買い手が現
われることで、さらなる値上がりを期待できます。

しかし、相場であるからには、どこかに必ず天井値という
ものが存在するはずでして、後発で参画するには損を覚悟
の上でなくてはなりません。



そして、もっとも恐いのは、金融庁などによる規制や管理
でしょう。一気に暴落する可能性があるのです。

この場合、暴落してからは値が戻りにくいので、売ってし
まうタイミングが重要でしょう。

また、仮想通貨の運営元の破綻も考慮しておかなくてはな
りません。

現在のところでは何の保護もありませんから、丸損する可
能性すらあります。

あくまでも投機なのですから、流行に惑わされないよう、
ご自分の意思で判断しましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:仮想通貨
posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

やっぱり暗殺未遂事件だった

中国の習近平国家首席が緊急入院した事件は、その後、暗
殺未遂によるものと判明いたしました。

301病院に緊急入院して、今では退院しているそうですが、
極度の緊張から胃痛を起こしたようです。



人民大会堂での会合を終えて車に乗ろうとしたとき、会堂
に仕掛けられていた爆発物が起動しました。

習氏には直接の被害はなかったのですが、暗殺未遂事件は
今回で9度にもなるため、精神的なショックは相当なものだ
と思われます。

しかも、爆発物は軍用のものであり、一般人の出入りがで
きない会堂での事件だっただけに、軍部による犯行との説
が浮上してきました。



いやいや、国民全体からすると僅かな人数の共産党が支配
している現状こそが異常ですし、虐げられているチベット
やウイグルなどの民族もいます。

また、膨張政策の犠牲になっている近隣諸国などに加えて
共産党の中も大きく3つの派閥に分かれているのです。

その中でも、洪沢民元首席の上海閥は、北朝鮮に何かと支
援してきた勢力で、習政権が北朝鮮への制裁に協力したこ
とで、起きた事件かもしれません。

こうした国内状況からしても、他国と本気の戦争なんて、
まだまだ考えられない中国です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:習近平
posted by 子竜 螢 at 23:37| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

ソーシャルゲームから学んだこと

二年ほど前からパソコンでソーシャルゲームをやって
おりますが、その中で、いろいろ気付かされたことが
あります。

ただの遊びだと考えてやっておりますと、寄ってたかっ
て潰されてしまうという怖い世界なのです。



中世の頃のような自分の城を持ち、発展させていくゲー
ムなのですが、兵士を雇って他の人を攻撃してもいい。

それだけに、レベルが低いうちは、なかなか思うように
勝てませんね。

質の高い司令官や武具が揃えるには、課金するしかない
ようになっています。

しかし、長年やっていれば課金しなくとも最高レベルへ
の到達は可能でして、その間をいかに生き残るか、が課
題となります。



ソーシャルゲームの世界にはいろんな人が参加していま
して、リアル世界での鬱憤をゲームで晴らそうと、やた
らに攻撃を仕掛けてきたりします。

また、ゲームだからと甘く考えて、無闇に攻撃しますと
相手の仲間から総攻撃を受けたりもします。

で、ゲーム内ではどういうことが起きているかといいま
すと、最高レベルに達した人同士は争わなくて、レベル
の低い人をターゲットにしてポイントを稼いでいます。

それって、もしかすると、世界情勢に似ていますよね。



今の中国のように、やりたい放題の人もいますし、正義
感が強くて弱い者の味方をする人もいます。

さらには、北朝鮮のように、大国に対抗しようと、毎月
10万円くらい課金して、一気にレベルアップする人さえ
もいるとか。



とにかく、世界情勢の縮図であり、国内での貧富の差の
縮図でもあるわけです。

課金できる人はより強くなり、出来ない人は資源などを
常に奪われます。

やめようかと思ったことは何度かありますが、無課金で
どこまでやれるものか、と諦めたくない気持ちもありま
すね。

幸い、子竜が主催している同盟には30名ほど加入してい
ただいておりまして、同盟のランキングも50位以内にな
りました。

少し、面白くなってきたところです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:14| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米朝対話の可能性

韓国で2月に行なわれる平昌オリンピックを契機に、南北
会談が実現するらしいですね。

それに乗る形でアメリカのトランプ大統領も、対話を模索
しているように伝えられております。



いや、しかし、トランプ大統領の発言は、言葉通りに受け
取ってはならないでしょう。

なぜかといえば、軍事力行使を匂わせた発言とが交互にな
されてきたからです。



おそらく、軍事力行使に向けた形作りなのでしょうね。

アメリカは対話を望んでいたのに、あくまでも拒んだのは
北朝鮮側である、と。

軍事力の行使は周辺国にまで被害を及ぼす可能性があるた
め、こうした形作りは重要なのです。



一方、北朝鮮が南北対話に応じるようになった理由は、ミ
サイル開発がほぼ目標値に達したことと、中国が石油の輸
出を止める制裁へと動き出したからでしょう。

さらには、韓国の文大統領が、北朝鮮による国家統一でも
かまわないくらいの姿勢を見せていることです。



結論を申しますと、トランプ大統領の対話発言はパフォー
マンスでしかなく、ニューヨークに核弾道ミサイルを撃ち
込むと公言している国を絶対に許さないのがアメリカとい
う国です。

インドやパキスタンが核保有を黙認されたのは、アメリカ
への敵対心がなかったからなのです。

金正恩氏は、そのあたりを読み間違えていると思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 21:19| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

AI失業が現実に

安倍総理が述べるまでもなく、人工頭脳と呼ばれるAIが
普及し始めたことによって、労働環境には異変が起きつつ
あります。

昨年にはメガバンクが人員整理を打ち出しましたし、その
余波が保険業界にまで及んでいます。



AIの導入が当たり前になってきますと、数年以内にはま
ず公務員の数が減らされるでしょうね。

国と自治体の赤字を解消するためには、人件費を削減する
しかないところまできています。

ただし、公務員は無条件で解雇できませんので、AIを扱
える新人のみの採用になるのではないでしょうか。

とにかく、デスクワークが中心の人が多い職場というのは、
AIに取って代わられるリスクが大きいでしょう。



一方、AIでは対応できないスキルの保持者などは、反対
に引く手あまたとなりそうです。

今年は、働き方改革の元年になるかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:AI
posted by 子竜 螢 at 16:25| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする