2018年01月06日

ゲーム依存症とスマホ依存症

ゲーム依存症が国際的に疾病として認定される動きになり
つつあるという。

たしかに、朝から晩までずっとゲームに熱中している人は
いますよね。

でも、それって依存症なのでしょうか。



子竜の見解としては、ゲームよりもスマホをずっと触って
いる人のほうが依存症だと思います。

なぜなら、ゲームはしなくても不安になりませんが、スマ
ホを家に置き忘れて外出した人のほとんどが、不安に陥る
といいます。

とくにSNSをやっている人は、スマホから離れた途端に
世間から疎外された感覚になるそうでして、明らかなる依
存症ではないでしょうか。



それとも、諸外国ではスマホ依存症の人がほとんどいない
のでしょうか。

もしも日本だけの現象なのでしたら、それこそ問題ですよ。

それとも、スマホでソーシャルゲームをやっている人を問
題にしているのでしょうか。

よくわかりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:依存症
posted by 子竜 螢 at 23:36| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする