2018年01月26日

プレ金続行宣言

プレミアムフライデーが、来月で一周年を迎えます。

えっ、もう一年になるのか、と実態感のなさには呆れ
る思いがしてきます。



これまでどれほどの企業が導入したかは知りませんが、
多くの人にとって、縁のない話だったのではないでしょ
うか。

とくに、月末の金曜日というのは、もっとも忙しい日
なのですからね。

ところが、経済産業省が、次年度も続行だと宣言しまし
た。民間のことを少しも理解していないようですね。

続けるのはいいとしても、月末でいいのか、企業や職場
によって実施日を変えたらどうなのか、といった検討の
余地があろうかと思うのです。



それに、実施している大方が公務員だとすると、2時間
早く早退した分の給与が減らされたという話は聞きませ
んね。

国も自治体も赤字なのにですよ。



まあ、働きすぎはよくありません。

でも、どうせならば法制化をして、個々に好きな日を選
べるようにしてはいかがでしょうかね。

一斉の3時退社は、道路や電車の混雑を招きます。

机上の空論に終わらない工夫が必要でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。