2018年02月08日

北の軍事パレード

朝鮮人民軍創建70周年にあたる今日、北朝鮮では軍事
パレードが行なわれました。

1万3000人の兵士と200両の戦闘車輌が、内外への誇示
目的で参加したようです。



しかし、創建パレードは、毎年4月25日に行なわれてい
たのであって、あえて平昌オリンピック開幕の前日にし
たというのは、明らかに何かの意図が窺えます。

まあ、本当の創建日がオリンピックの前日だったという
だけのことではあるのですが、例年は極寒期を避けてい
るのですから、今年に限って、という意味です。



ただし、例年のパレードよりもかなり小規模だったよう
でして、午前中には早くも終わっていたらしいです。

とはいえ、韓国の文在寅大統領からの中止要請には耳を
傾けなかったのですから、やはり南北の融和ムードは見
せかけだったようです。

オリンピックとパラリンピックが終わった直後に、何か
大きな動きがありそうな予感がしますね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:朝鮮人民軍
posted by 子竜 螢 at 22:23| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

憲法改正の必要な主旨とは

改正すべきと思われる日本国憲法の条文は多々ありますが、
第九条に限っては、一切を削除するのがもっともいい、と
先日述べたとおりです。

なぜかといえば、条文にしてしまうと、必ず裏の解釈が生
まれるからでして、たとえば、戦争するための軍隊は保持
しない、と明記されているとすると、それ以外の目的での
軍隊は保持していいことになってしまいます。

まあ、それ以外の目的の軍隊とは何か、と問われると難し
いのですが、戦争に至らぬ程度の威嚇的な軍隊ですね。



左翼系の方々は、日本がまた戦争への道を進まないかと危
惧するゆえに、自衛隊を軍隊と位置づけるのに反対してい
ますよね。

しかし、実際に戦争することと、戦争できる軍隊を保持す
ることとは別問題なのです。



今の自衛隊は戦争できない軍隊です。なぜなら、敵地攻撃
能力がないからでする。

でも、他国から侵略されないための抑止力という観点から
しますと、戦争できる能力を秘めた自衛隊であることが不
可欠となります。

すなわち、戦争できるほどの軍隊を保持しつつも、専守防
衛に徹するような改憲案が必要なのであって、今の第九条
は全面削除したほうがいい。

どうせなら、国是としている非核三原則や専守防衛も明記
して、徴兵制度も採用しないと書けば、左翼系の人も反対
する理由がなくなるでしょう。



国民全員が理解しなくてはならないのは、現行の憲法が平
和をもたらしているのではないという点です。

ただの文章で平和が保たれているはずはなく、自衛隊の存
在や在日米軍の存在によって保たれているのです。

どんなに気高い理想を掲げていたところで、某国の軍隊が
押し寄せて来たなら、終わりなんですよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:憲法改正
posted by 子竜 螢 at 22:21| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

NEMを盗んだのは北朝鮮か

韓国の仮想通貨取引所から25億円相当が消失した事件
は、北朝鮮によるサイバー攻撃ならびにハッキングで
あると発表されました。

そして、日本のコインチェック社から消えた580億円
も、北朝鮮による犯行の可能性が高いという。



ずっと経済制裁を受けていて外貨の獲得手段がほぼな
くなっている北朝鮮にしてみれば、たしかに仮想通貨
は美味しい獲物に違いありません。

なにしろ、国籍のない通貨ですので、制裁の対象には
なりませんし、換金する手段さえ考えればいいのです。



とはいえ、ハッキングには台湾やロシアなどのサーバ
が経由されているために、真犯人を突き止めるのは容
易なことではないでしょう。

現時点で、北朝鮮による犯行と断定できる証拠も見つ
かってはおりません。



コインチェックの社長は会見で、480億円分は日本円
で弁償すると述べましたが、時期は名言せず、今でも
出金停止になったままです。

が、出金停止は契約違反に当たるとして、早くも提訴
した人が出てきました。

そして、今日、一時は200万円まで上がっていたビッ
トコインが、68万円にまで落ちました。

株価も続落しまして、なにやらバブルが弾けたときの
ような状況になりつつあります。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 17:58| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

来年の天皇誕生日

政府の発表によりますと、来年2019年の天皇誕生日が
祝日でなくなるという。

これは、今上天皇のご退位によるもので、現皇太子殿下
の誕生日が祝日になるのは2020年からです。



しかし、平成の日、として祝日を残す案も検討されたよ
うでして、今年の天皇誕生日あたりには追加されるかも
しれません。

が、政府の検討案には5月1日も含まれていて、実現しま
すと、ゴールデンウィークに切れ間がなくなります。



とはいえ、祝祭日が増えて嬉しい人ばかりではありません。

人手不足になっている外食産業では、ただでさえも忙しい
のですから、休日の増加には悲鳴が聞こえてきそうです。



また、6月に何もないのを指摘する声もあるようでして、
発表は完全な決定というわけではないのでしょう。

それにしても、天皇誕生日のない年があっていいのか、と
は思いますね。

ご退位の日からしますと、皇太子殿下の誕生日が過ぎてい
ますし、ご退位なされた後に誕生日というのも変な話には
なりますが。。。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:天皇誕生日
posted by 子竜 螢 at 21:59| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

恵方巻きノルマに思う

毎年、節分を過ぎると問題にされるのが、恵方巻きです。

いや、恵方巻き自体に問題があるわけではなくて、売り
方が問題視されているのです。



元々は関西の風習だそうですが、コンビニの本部が全国
に普及させようとして、傘下のフランチャイズ店に半ば
ノルマ同然の押し付けをしているのが問題なのです。パ
ワハラだと言われても仕方がないでしょう。

当然、関西以外の地域ではさほど馴染みがありませんか
ら、店員にノルマ同然のお願いをすることになります。

店員のほとんどが最低賃金同然のアルバイトなので、頼
まれたとしても真剣には売ってくれません。

必然的に、大量廃棄となるのです。



そして、コンビニのフランチャイズ店が抱えている同様
な問題商品として、クリスマスケーキや御節料理などが
あるといいます。

なぜ風習のない地域にまで無理な販売をしようとするの
か。全国に広まったあとでコンビニが扱うようになった
バレンタインチョコとは性質が違うのです。



もちろん、大量廃棄の問題は重大ですし、半ノルマでま
すます人手が足りなくなるものとすれば、自社の首を絞
めているに等しい販売戦略ではないでしょうか。

コンビニ本部は、なぜ店員に最低賃金しか支払えないの
か、よく考えてみるといい。

なぜ人手不足になって閉店する店が増えているのか、考
えないのですかね。不思議です。



コンビニが世の中に登場したときと今とでは、人々の生
活様式がガラリと変わりまして、定年が延長されたり年
金の支給開始時期が繰り上げられたりしているのです。

また、少子高齢化によって、若い人のアルバイトも集め
にくくなっています。とくに地方では、外国人留学生を
アルバイトで雇わないと、維持できません。

つまり、これまでのコンビニというスタイルのビジネス
モデルが破綻しはじめたということなのです。

現に、24時間営業をやめた店が出始めております。



ビジネスモデルは時代と共に必然的に変化するもの。

コンビニ本部は、もちろん考えてはいるのでしょうけど。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:21| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

ビットコインは安全なのか

去年12月の半ばには、ビットコインが200万円以上の値
を付けて、いわゆるフィーバー状態にありました。

しかし、暴落があって、今は100万円を上回る程度です。



最近ではNEMという仮想通貨が大量に流出しまして、
何の補償もない仮想通貨という制度が危険視されるよう
になりました。

昨年は、ビットコインで儲けるための情報商材が氾濫し
ておりましたのに、昨日あたりから破綻を予想する情報
がいくつも見られるようになりました。

で、何も勉強せずに書くのはさすがに問題ですので、ビッ
トコインの仕組みを勉強してみましたところ、やはり危険
だという認識が深まっただけです。



どの点が危険と認識したのかといえば、セキュリティーを
重んじるための台帳の共有です。

みんなが同じ台帳を見ているのだから不正はできないだろ
うと考えるのは早計でして、あるグループが全体の51パー
セントを保有してしまうと、改ざんや不正取引のやり放題
なシステムでもあるのです。

ビットコインの台帳というのは、取引があるごとに書き換
えられるわけですが、膨大な量の計算が必要でして、1台
のパソコンだけではできないほどの規模になっています。

そして、もっとも早く計算を終えたグループに手数料とし
てコインが増える仕組みですので、電気料金の高い日本で
はもはや不可能。電気料金の安い国のグループの保有コイ
ンしか今後は増えません。



つまり、いつかはそういうグループが全体の51パーセント
以上を保有するようになるわけでして、そんなに遠い日で
はないといいます。

さらには、51パーセント以上を保有しているグループが計
算した結果の台帳が新たにみんなで共有する台帳となるた
め、不正のチェックなどがありません。不正を知りようが
ないのです。



このように、ブロックチェーンを採用しているから安全だ
とか、台帳を共有しているから安全という話は成り立たなく
て、一元的に台帳を管理している者がいないだけに、ある日
突然に口座からコインが消失していようとも、台帳のほうが
正しいとみんなが認めてしまう危険を含んでいるのです。

本来は、キャッシュレスに対応させるための簡易決済手段な
はずでしたが、あまりの乱高下のために、決済手段としては
使いにくくなってしまいました。取扱店も減りましたよね。

FXならば最低でも国同士の力関係の変化とか経済情勢の変
化などで値動きの裏打ちがありますが、今は、何の根拠もな
いただの投機です。金融商品のような補償もありません。

もちろん、ビットコイン以外の仮想通貨にもいえることです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:仮想通貨
posted by 子竜 螢 at 22:42| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

改憲はこうあるべき

今国会の争点として、改憲問題があります。

とくに、第九条の改憲に関して、安倍総理、自民党、公
明党とその他の野党とに意見が分かれているように思え
ます。



日本国憲第九条を、掲げておきます。

日本国憲法 第9条 第1項
「日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希
求し、国権の発動たる戦争と武力による威嚇または武力の
行使は、国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放
棄する」

同 第2項
「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力はこれ
を保持しない。国の交戦権はこれを認めない」



この条文に、第三項として自衛隊の存在を明記するのが安
倍総理の案でして、一言一句変えるなというのが大半の野
党ですね。

子竜はいっそ、第九条そのものを削除すればいいのではな
いかと考えます。

なぜなら、戦争をしないというのは当然のことであります
し、必要最低限の防衛力の保持もまた当然だからです。

文章にするから、解釈を変更されたり拡大解釈されておか
しな方向へ行く可能性がありますが、あえて明文化しない
ことで、常識的な判断による政策が施されます。



外国の例を見ましても、わざわざ国防に関する日本国憲法
のような記述がありません。

でも、大半の国には軍隊がありますし、戦争をしないで平
和を保っております。

明文化するから、自衛のための軍隊保持ならいいとなるの
であって、自衛とはどの範囲なのかと論議が必要になるわ
けです。



万一、日本が他国から侵略戦争を仕掛けられたとき、今の
憲法があろうとなかろうと、関係なく戦うでしょう。

ときには、一般市民ですらも志願をして、戦うかもしれま
せん。

日本の平和が今のところ守られているのは、第九条がある
からではなくて、世界の他国が常識の範囲内で動いている
からです。

改憲するなら、第九条の全面削除しかないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:憲法改正
posted by 子竜 螢 at 23:58| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

今日からパチンコ規制

今日2月1日から、パチンコの出玉規制が強化されます。

改正風俗営業法が施行されるわけでして、パチンコ依
存症の人には良い修正かもしれませんね。



出玉の上限はこれまでの3分の2程度に。

大当たりでの出玉数が4000から1500に。

4時間遊戯をして得られる玉の上限が、5万円程度に。

以上の改正が加えられたわけですが、当然のことなが
ら、パチンコ店にとっては客離れが激しくなるものと
予想されます。

それでなくとも、今回の規制が発表されてからは、パ
チンコ店の倒産が増えているのです。

とはいえ、遊戯台数はほぼ横ばいですので、大型店の
みが生き残っているのでしょう。



まあ、どんな規制が掛かったところで実質はギャンブ
ルなのであって、暇つぶしの遊びではありません。

パチンコの禁止を実現した韓国には、この点だけは褒
めてあげようと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:パチンコ
posted by 子竜 螢 at 16:18| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。