2018年02月18日

中国旅行の危険度

中国の習近平政権は、これから3年の間に、国内に4億台
のAI監視カメラを設置する方針を打ち出しました。

それは北朝鮮の監視社会よりも凄まじい話でして、AI
ですので本人の特定も容易だろうと思われます。



あくまでも中国国内の問題ではありますが、進出企業の
社員や旅行者にとっては、他人事ではありません。

道に迷ってキョロキョロしているだけで、不審者扱いさ
れかねないのです。

立ち入り禁止区域の境界あたりですと、すぐさま当局の
人間がやってくるでしょう。



中国は、近代化どころか逆行しているように思えるので
すが、おそらく、昨年末に発生した習首席への暗殺未遂
事件がそうさせるのでしょうね。

ともあれ、中国共産党は決して一枚岩ではありませんし、
権力争いにまつわる事件も多いです。

進出企業は早期に引き上げるべし、と思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:中国旅行 AI
posted by 子竜 螢 at 22:31| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。