2018年03月14日

ティラーソン氏の更迭

アメリカのトランプ大統領は、日本の外務大臣にあたる
ティラーソン国務長官を突如更迭いたしました。

米朝首脳会談を来月に控えているこのタイミングでの更
迭は、明らかに北朝鮮への強いメッセージかと思われま
すね。



アメリカ政府閣僚の中で、唯一ティラーソン氏だけが一
貫して北朝鮮への軍事制裁に反対しておりました。

そういう人物を首脳会談の直前になって更迭するという
のは、首脳会談が最後通牒の場でしかないことをトラン
プ大統領が示したのです。

すなわち、核兵器と弾道ミサイルを破棄するのか否か。

返答によっては軍事制裁も辞さないという意思表示なの
でしょう。



これまでイランなどの敵対国が核兵器を保持しても、ア
メリカが軍事制裁まで行なうことはありませんでした。

しかし、北朝鮮の場合、アメリカ本土への攻撃能力を有
する点で、危険度がまったく違います。



ともあれ、いきなりの軍事制裁では中国とロシアからの
反発が強いので、首脳会談という段階を踏むわけですが、
もちろん、それはただの儀式的なものにすぎません。

ティラーソン氏の更迭も、もっとも効果的なタイミング
で行なわれた儀式なのでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 12:05| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。