2018年03月16日

空飛ぶ自動車

空も飛べる自動車の開発支援を経済産業省が行なう、と
NHKが報道しておりました。

対象は国内大手の自動車メーカーだということなのです
が、ちょっと待った、と言いたいところです。



諸外国ではすでに開発が始まっておりまして、日本も遅
れじ、との発想なのかと思います。

しかし、自動運転車同様に、空を飛ぶ場合の法的な基準
や責任範囲など、技術以外の問題が山ほど予想されるの
に、安易なGOサインはいかがなものでしょうね。

それに、なぜ航空機メーカーが含まれていないのか。合
同で開発すべき技術ではないかと思うのです。



第二次世界大戦中に、世界各国が空飛ぶ戦車の開発をし
ておりました。

なので、一般向けの技術開発というよりも、軍事目的の
ニュアンスを強く感じてしまいます。



また、そんなものが一般に出回ったなら、犯罪者が国外
逃亡を企てるのが簡単になってしまいますし、空からの
落下物に怯える毎日になるかもしれません。

自動運転車ですら未完成の段階で、開発支援も何もない
でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:空飛ぶ自動車
posted by 子竜 螢 at 21:06| Comment(0) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。