2018年03月21日

自動運転車の事故

アメリカで、公道で行なわれた自動運転車による死亡事故
が発生したことで、日本国内の大手自動車メーカーは公道
での実験を取りやめるという。

死亡事故当時は運転者が乗った状態だったが、自動運転モ
ードになっていたときに事故は発生しました。横断中の歩
行者を撥ねてしまったのです。



この場合、誰が法的な責任を取るのでしょうか。

もちろん、日本とアメリカの道路交通法には違いもあるで
しょうけれど、事故の責任は車メーカーなのか、所有者な
のか、はたまた乗っていた人なのか。

そういう法整備もないままに公道での走行実験をやるなん
て、無謀だと思いますよ。

公道では飛び出しや割り込み、信号無視してくる車なんて
ザラなのですから、公道で機械任せにするなんてこと自体
に反対です。



唯一、高速道路の退屈な運転にのみ適用してもいいかなと
は思いますが、それとていつか必ず事故は発生します。

法的な整備を先にやっておきませんと、試験中の事故には
搭乗者だって責任を取れないでしょう。



さらには、損害保険の問題がありますよね。

多分、自動運転モードを備えている車の保険料はバカ高く
なるだろうと予想できます。

いや、もしかすると、保険会社が取り扱いを拒否するかも
しれません。

ともかく、日本の大手までもが公道での走行試験をやろう
としていたことに戦慄を覚えました。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:自動運転車
posted by 子竜 螢 at 22:06| Comment(0) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。