2018年04月30日

何歳まで生きるつもりなのか

健康ブームといわれております。テレビの健康番組は視聴率が
高く、バラエティーとドッキングしたスタイルも人気の要因なのか
もしれません。

また、健康雑誌や単行本の売れ行きもまあまあらしく、中には怪
しげなものまでが売れている要ですね。



昔、ある番組で、司会者が身体にいい食品を勧めると、スーパー
の棚が空になるほど売れたという。

ポリフェノール神話のようなものもできましたよね。



しかし、よく考えてみましょう。

私は何歳まで生きるつもりなのか、と。



たとえば、反対に身体に悪いというものがあります。例としては
タバコですね。

タバコを毎日ひと箱20本吸う人とまったく吸わない人との寿命の
差はどれくらいなのでしょうか。

ハッキリとしたデータはありませんし、寿命なんていうものはそれ
以外の要因に負うところもあります。嫌な上司から毎日パワハラ
を受けていたりすれば、身体にいいものを食べ続けていたところ
で長生きはできないでしょう。



人生80年。

それを85年に延長させたとて、延長させることに意味はありませ
ん。その最後の5年間がすばらしいものでない限り、老いた悲しさ
を実感させられるだけではないでしょうか。

食べ物なんかじゃ人生そのものを左右できませんね。

悔いのないすばらしい生き方こそが、生まれてきたことの意味で
はないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:35| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

昭和の日

昭和天皇の誕生日がゴールデンウィークとして外せないと
いう理由から、一時はみどりの日になり、昭和の日として、
休日に制定されました。

平成生まれの人もやがて30歳ですから、昭和天皇を知っ
ている人は中高年に限られております。



昭和時代といっても、あまりに長くて変化が大きかったか
ら、一言で言い表すのはむずかしいですね。

戦前・戦中・戦後・高度成長・オイルショック後といった区
分が妥当かどうかはわかりませんが、少なくとも各時期
には明らかな違いがありました。



そして、平成になってから急成長したのがITの分野です。

昭和の時代は今ほど便利ではありませんでした。が、貧
富の差はさほどでもなく、地域住民の和が強かったように
思います。

世の中が便利になると何かが失われる。

そんな気がしてなりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

まさかの平和賞

なんでも賭け事の対象にしてしまうブックメーカーというものが
あります。

イギリス王室公認だといいますから、イギリス人は意外にギャ
ンブル好きなのでしょう。



そのブックメーカーにやや異変が起きております。

なんと、今年の秋に発表されるノーベル平和賞の候補として、
韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩労働党委員長がトッ
プを争っているというのです。

文大統領はなんとか理解できるにしても、金正恩氏にノーベ
ル平和賞というのは、さすがに違和感を感じますね。

ちなみに、アメリカのドナルド・トランプ大統領は枠外でして、
ロンドンっ子たちの人気は低いようです。



まあ、南北首脳会談が一応実現したとの評価なのでしょうね。

しかし、核やミサイルの問題、拉致事件などの人権問題が少
しも前進しなかった首脳会談でもあります。

ただし、北朝鮮がアメリカまで届くミサイルを開発したことで、
ヨーロッパ諸国も射程にはいることから、北朝鮮問題に関心
を寄せ始めたのは良いことです。

次は米朝首脳会談ですが、実現するのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:57| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

南北首脳会談

韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩労働党委員長が板門店
で会談いたしました。

会談の場所は、板門店の韓国側にある「平和の家」という施設で
すが、北朝鮮の指導者が韓国側へ足を踏み入れたのは初めて
のことです。



すっかり融和ムードの漂う中継を見て、韓国の国民がネット上で
書いておりますことは、感動・統一といったところです。

そして、金委員長とトランプ大統領の会談も予定されていること
からも、一気に平和ムードへと傾いているようですね。



しかし、金委員長が韓国側に親しくするのと、アメリカと和平を結
ぶのとではまったく性質が違います。

南北会談はあくまでも内政の話であって、韓国が北朝鮮に吸収
合併されようとも、別に構わないのです。他国がとやかく言う問題
ではありません。

でも、アメリカとの和平交渉は、本当に他国との交渉なのですか
ら、米韓会談であろうと米朝会談であろうと、相手にも利がないと
成立するものではないのです。

この会談は、それぞれにとって吉と出るのか凶と出るのか。

いずれ、近いうちに判明するでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 16:01| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

初月給

企業の給料日といえば、大体25日から28日のところが多いよう
ですね。

今年入社した新人さんたちにとっては、初月給となりますが、初
月給をもらったときの感慨が今でも甦ってまいります。



給料もらったら、両親や兄弟へ何かプレゼントしようと考えてい
るかもしれません。いや、本当に大人になったことを実感する
のが初月給ですから、育ててもらった恩返しをしたいですよね。

でも、きっと両親は貯金しておきなさい、とプレゼントを喜びな
がらもそう言うだろうと思います。

これから先、愛する人との結婚費用は必要でしょうし、車のロー
ンを抱えているかもしれない今、貯蓄も大切なのです。

多分、初月給の振込先として、新たに銀行口座を作った人は
多いことでしょう。



慣れない仕事、社会人として一ヶ月間頑張ったご褒美が初月
給です。

くれぐれも散財してしまわないように。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

国民民主党

民進党と希望の党が協議の末に、合流して新党を結成すること
になりました。

新しい党名は、国民民主党、だそうです。



うーん、政治家さん達ってやはり国民の声を軽く考えているのか、
あるいは完全に無視しているのでしょうか。

民主党と付くだけでアレルギー反応が起きることをご存じないよ
うですね。

まあ、中身のほとんどは旧民主党ですから、わかりやすくていい
のかもしれませんが、大きな支持は得られないでしょう。



国民が求めているのは、ひとつは、政権交代可能なちゃんとした
政党の存在。

もうひとつは、自民党内部で機能してくれる高い自浄作用です。

そして、具体的な政策を掲げて数合わせのためには走らないと
いう政党の存在でしょう。



国民民主党がどういう政策を掲げるのかはこれからですが、ほ
とんど予想できてしまいますよね。

だから、国民にアレルギー反応を起こさせないだけの政策論議
が必要です。野党が強くならないから自民党がだらけるのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:39| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

ネガティブ・インカム・タックス

聞きなれない名称だと思いますが、子竜も初めて知ったばかりです。

ネガティブ・インカム・タックスは、ベーシック・インカムの問題点など
をうまくクリヤーした経済給付システムとして注目されはじめている
のです。



ベーシック・インカムが誰彼を問わず所得の多寡にもかかわらず、
ある一定額を給付し続けるという方式ですがネガティブ・インカム・
タックスは、ある一定以上の所得に達していない人に、達していな
い分を給付するというものです。

ただし、せいどとしてはこちらのほうが優れているとは思いますが、
膨大な事務量が想定されるために、実施した国はまだありません。

とはいえ、働けるのに働かず生活保護費をあてにしている人には
この制度が適用されないのもミソの部分なのです。

なぜなら、名称にタックスという単語があるように、少しでも税金を
収めていませんと対象外ってことなのですね。



この方式は、来年から北欧のフィンランドで実験が開始されるそう
なのですが、現在のフィンランドはベーシック・インカムの実験中。

実験が移行される理由は、ベーシック・インカムによって更なる貧
富の差の拡大がみられたからだといいます。

ならば、ネガティブ・印済む・タックスに少しは期待しましょうかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:34| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

世界幸福度ランキング

国連から世界幸福度ランキングなるものが発表されました。

ところが、日本は156カ国中54位と低迷。これは絶対におかしい
と感じましたね。



先進国で日本よりも下位だったのはポルトガルとギリシアのみ。

選考の基準としては、国民一人当たりのGDPとか平均寿命など
さまざまなことが加味されてのことなのでしょう。

しかし、幸福を当たり前のように感じてしまって感謝をする気持ち
が薄れているのであれば、順位はこんなものかなと思わないで
もないですね。



たとえば、蛇口を捻ると飲んでも良い水が出てきます。これって
とんでもない幸せなのですよ。どこの先進国でもこれほど水道の
行き渡っている国はありません。

そして、6歳になると誰もが教育を受けられる制度です。

最低限の読み書きと計算を教えてもらったおかげで、日常生活
での範囲なら困ることはありません。文盲のままならツイートも
ラインもできないでしょう。



しかし、当たり前になっていることでも、先人たちが苦労を重ね
て整備してくれたおかげなのです。

感謝する気持ちがなければ54位という順位には納得できますし、
不幸度ランキングというものがあれば上位に入りそうな気がし
ますね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:16| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

アメリカのTPP復帰はあるか

アメリカのトランプ大統領は、TPPの復帰を検討しているらしい。

先日、中国との関税戦争で、ほぼ完勝といえるほどに中国から
の妥協を引き出しましたので、TPPへの復帰はさらなる追い撃
ちになるでしょう。



どの国が最終的に世界の経済を牛耳るのか、という予想として
やはり人工が多くて国民の生活レベルに伸びしろのある中国と
いう答えが学者たちの結論となっています。

しかし、中国は日本よりも速いスピードで高齢者社会へと向かっ
ておりまして、老後の社会保障は充分ではありません。

まして、中国が発表しているGDPの成長率は眉唾ものでして、
実質はマイナス成長だったろうと考えられております。



アメリカは何かにつけて対抗心を燃やしてくる中国という国を、
脅威とは思わないにせよ、面倒な国という意識を持っているで
しょう。

鉄鋼とアルミの輸出規制も、多分に中国を意識したものといえ
そうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 19:59| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

実験停止と施設の廃棄

北朝鮮が突如、ICBMの実験停止と核実験施設の廃棄を表明
いたしました。

ところがなぜか、このニュースは非核化宣言だと受け取られて
いるようでして、間違いだと断言できます。



金正恩氏が述べたのは、実験の必要がなくなった、であって、
保有の必要がなくなったではありません。

つまり、技術的な完成に漕ぎ着けたと宣言したわけでして、
予定されている米朝首脳会談では、核保有国としての対等の
立場で臨みますよと言っているのです。



この宣言のどこから非核化の実現などという話に化けてしま
うのか不思議でなりませんが、間違った解釈でニュースを流
す某テレビ局は相変わらずの姿勢です。

保有しているものを廃棄させなくてはなりません。

日本への攻撃が可能なミサイルもです。

そして、拉致問題の解決がない限り、日本人の誰一人として
喜ばしいニュースではないのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 13:30| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

持ち家と賃貸

このところずっと、持ち家と賃貸との比較がネット上ではみられ
ました。どちらが得かという話です。

結論としては、最低でも資産形成になる持ち家がいいというこ
とになったらしいのですが、比較項目に重要なことが漏れてい
るのではないかと感じます。



たとえば、毎月10万円の住宅ローン返済と10万円の家賃とを
単純比較しますと、もちろん持ち家のほうが良いということにな
るでしょう。

しかし、固定資産税が考慮されておりませんし、住宅取得税も
ですよね。メンテナンス費用も馬鹿にはなりません。

さらには、相続税と老朽化したときの取り壊し費用などを考え
ますと、一概に持ち家が得だとは言えない気がします。

また、町内会などの役職を引き受けさせられるなどの労力提供
もありますよね。



いいえ、もっとも抜けている肝心な点は、万一隣人が嫌な存在
だった場合の身の処し方です。

持ち家ですと簡単には引っ越せませんが、賃貸は楽なものです
からね。それに、常に新築のところへ移り住めるという利点もあ
ります。

これらのことを総合して考えてこそ、本当の比較になるのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 15:37| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

人手不足倒産と給与

人手不足倒産の件数が過去最大になりつつあるといいます。

とくに小売業と外食チェーンなどでは顕著でして、クレーマー
の存在によって就業人気が落ちたのも原因のひとつなのか
もしれません。



しかし、多くのケースでは、あまりにも安い給与であることが
わかっておりまして、待遇が悪いと人材は集まりません。

驚くべきことなのですが、ハローワークには結構不可思議な
給与定時の求人があります。

たとえば、正社員で月給が12万8000円だとか。

最低賃金こそクリヤーしているものの、これでは生活保護費
以下ではありませんか。



経営者さんたちの言い分を聞いてみますと、高賃金にしたい
けれど、それでは経営が成り立ちませんという。

いいえ、経営が成り立たないのではなくて、ビジネスモデルが
成り立たなくなっているのです。

たとえば、昔はズラリと窓口行員のいた銀行ですが、ATMの
普及によって、窓口は数えるほどしかありません。

人が不足しているなら、少人数でもできる企業スタイルへの
変換が求められているわけです。



どんな企業でも商店でも、同じスタイルのまま維持できるの
は30年といわれてきました。移り変わりの速い現代では、
20年、いや、10年かもしれません。

ほとんど最低賃金だったコンビニだって、レジ不要のシステ
ム実験が開始されました。

多くの人手が老人介護に取られかねない今からは、本気で
企業モデル転換を考えていただきたいと思います。

さすれば、みんなの給与も上がるでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 20:14| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

マンモスは復活するのか

アメリカのハーバード大学の研究チームでは、1万年前に絶滅
したマンモスのクローンを生み出そうとしているそうです。

アラスカとロシアの間にあるベーリング海峡の小島では4000
年前まで棲息していたことがわかっています。



今回のクローン生成実験では、発見されたマンモスの遺伝子
から胚を作り、22週間培養した後に子供のマンモスを誕生さ
せるというものです。

かつて、愛地球博ではマンモスの頭部のみが展示されており
ましたが、世界各地で冷凍のマンモスが発見されております
ので、今回の実験に至ったようです。



それにしても、その子が成獣になるまで育ってくれたなら、きっ
と猛々しい姿になることでしょうね。

ただし、いつかは人間のクローンを作ろうなどという話になら
ないか、と心配ではあります。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 20:54| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

もっとも重要な隣国

外務省のホームページから、韓国に関する一部の記述が
削除されました。

削除されたのは、もっとも重要な隣国、という部分です。



まったく正反対の意味ではもっとも重要な隣国のままな
のですが、本来の意味からしますと、削除は妥当だろう
と思います。

韓国が今やろうとしているのは、反日の継続と同時に、
北朝鮮に吸収合併してもらうこと。

中国と香港の関係のような一国二制度を採用しようとし
ても、いずれは吸収合併されてしまうでしょう。

だって、国としての代表者には誰が就任するのですか。



日本の周囲には、本当に友好だと感じられる国はなく、
むしろ敵対側の国ばかりです。

唯一、台湾のみが友好的ですので、国家としての台湾承
認復活も視野に入れた外交をしていただきたいと思いま
すね。

中国が叫んでおります「ひとつの中国」は、まだ台湾を
武力革命で征服し切れていない表われでして、本来なら
ばまだ革命の途上であり、正式な国家としては中華民国
であるはずなのです。

これからは、日米台の関係強化が重要ですよね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 16:01| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

世界記憶遺産と従軍慰安婦

ユネスコの世界記憶遺産に韓国から申請のあった従軍
慰安婦が、登録見送りになりました。

もちろん、事実無根の話だからではあるのですが、正
式な理由としてユネスコが発表しているのは、日韓両
国の主張に隔たりがありすぎて、話し合いによる意見
統一が先決と判断したため、とされております。



はい。一方的な主張を登録するわけにはいきませんよ
ね。ユネスコの判断は賢明だと思います。

それに、アメリカがユネスコから脱退した後は、日本
が最大の分担国であることも無関係ではないようです。

金の力でねじ伏せたと韓国側に思われたくはありませ
んが、元々事実無根なものを登録させようとしている
のですから無理がありすぎます。



韓国の国民が知っている歴史は、教えられてきた歴史
のほとんどは捏造と虚構なのですから、世界に通用す
るはずがありません。

今も多くの韓国人売春婦が世界中にいるわけでして、
従軍慰安婦は元々売春婦だったのだろうと世界中の人
は感じていることでしょう。

慰安婦像を世界中に建立することは、自ら国の品位を
民族の誇りを貶める行為なのだと、早く気付いていた
だきたいものですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 12:28| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

PTA非会員への対応は妥当

PTAに参加しないとこんな嫌がられをされたなどという
週刊誌記事がありました。

どんなひどい仕打ちをされたのかと読んでみると、いやは
や嫌がらせとはほど遠い当たり前のことでした。



PTAへの参加が義務ではないことが知れ渡ると、参加を
しない親が増えました。

しかし、そのために受けている嫌がらせの中身とは、この
ようなものです。

PTA会報の不配布
PTA共済からの脱退
集団登校からの除外
卒業時の記念品などの不配布



すべて、会員でないなら当たり前の不利益ではないでしょ
うか。会員でない人に会報が配られるはずはありませんし、
登下校を見守る当番をしないなら、安全は保障されません。

もちろん、登下校時の保険にあたる共済も、加入できなく
て当たり前ではないですか。これは個人で申し込みはでき
ますがね。



権利と義務のバランスを考えもせずに批判するのは、よろ
しくありませんよ。

加入している人は義務が生じても権利も増えるからこそ脱
退しないのです。上記のことを嫌がらせと捉えるなんて、
権利ばかりを主張したいのではないでしょうか。

会員であることの利得を自ら放棄したのですから、逆恨み
に近いと感じてしまいます。



とはいえ、PTAというものの在り方が今のままでよいと
も思いません。

決して入会をオススメしているわけでもありません。

自治会に参加しなければ、義務は果たさずに済みますが、
地域の恩恵が受けられないのと同じでしょう。

ゴミ出しは、収集車が来るのを待って、直接渡さなくて
はならないわけです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:PTA
posted by 子竜 螢 at 18:26| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

日本代表監督の交代

サッカー日本代表のハリルホジッチ氏が突然解任されて、
ずっとガンバ大阪を指揮してきた西野朗氏が就任いたし
ました。

解任の理由は代表選手たちとの間に溝があるとのことで、
ワールドカップ出場が決定してからの国際試合では、ほ
とんど勝利できない事態が続いておりました。



ワールドカップのロシア大会直前での監督交代でしたの
で、選手たちにも動揺が少なからずあったことでしょう。

しかし、代表から漏れていた選手にとっては、チャンス
なのかもしれません。



とはいえ、内部でゴタゴタしていては予選リーグ通過す
ら難しいので、協会側も苦渋利選択だったのでしょう。

新体制の日本代表で、ワールドカップを勝ち進んでいた
だきたいものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

13日の金曜日

クリスチャンではありませんから関係はないのですが、
13日の金曜日というのは良からぬ者が活動する日だと
いわれております。

しかし、高齢者にとっては二ヶ月ぶりの年金受給日で
して、繁華街はさぞ賑わっていることでしょう。



13日の金曜日という映画がありました。見たことはあ
るはずなのですが、中身はほとんど覚えていませんね。

なぜ13日が金曜日だと悪い日なのか、いわれすら知ら
ないので災厄に見舞われることもありません。

とはいえ、気になさる方もおられるるかもしれません。



日本でも神の存在がない期間があります。旧暦の神無
月ですね。

しかし、その期間中に災厄が起きやすいという話など
きいたことはなく、ただ日常が存在するだけです。

13日の金曜日って、迷信だと思いますけどね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:13日の金曜日
posted by 子竜 螢 at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

道徳という教科

4月から道徳が教科として小学校教育に導入されました。

また、来年度からは中学校でも導入される予定でして、
ネット上では賛否両論が渦巻いております。



子竜が小学生だった昭和30年代には、道徳という教科が
ちゃんとありましたし、高校生になってからは倫理社会
という教科もありました。

なので、別に違和感を覚えることはないのですが、反対
している人の意見を拾ってみると、価値観の多様化への
圧力と捉えている意見が多いように感じます。



しかし、価値観とはたしかに個々によって違いはあるも
のでしょうけれど、無限に認めるわけにはいきません。

どこかで範囲を決めないことには、みんながやりたいこ
とだけをやるという歪な社会になってしまいます。

モラルの授業って、そんなに悪いことなのですかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:道徳
posted by 子竜 螢 at 23:55| Comment(2) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

原油の高止まり

中東シリアの情勢が今ひとつハッキリしないせいで、原油
の価格が高止まりしているといいます。

そういえば、車のガソリンを入れにスタンドへ行くたびに
価格は上昇しておりました。



シリア情勢が厄介なのは、政府側にロシアが、反政府勢力
にアメリカが支援しているからでして、完全なる代理戦争
と化しているからです。

で、政府側が化学兵器を使用したとも言われているわけで
して、問題をより深刻にもさせております。

双方ともが同時に手を引くというわけにはいかないのです
かね。あくまでも内戦なのですから。



トランプ大統領にかってから、アメリカは世界の警察権を
取り戻そうとしているかに思えます。

ならば、サッサと北朝鮮問題も片付けてほしいですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ガソリン価格
posted by 子竜 螢 at 23:42| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする