2018年04月06日

女は乗せない戦車隊

大相撲の地方巡業先の舞鶴市で、市長が挨拶の途中で突然
倒れた事件で、女性の看護師が土俵へ上がったことを排除
した相撲協会に批判が集まっております。

まあ、本当に稀なケースなのですが、他の巡業先でも女性
の市長に土俵下で挨拶をさせるなど、しきたりに対する批
判が再燃焼したようですね。



相撲の歴史を辿りますと、女性が相撲を取った記録はいく
つか散見できますし、神事として女性が土俵に上ることを
禁じたのは、明治維新後のことです。

男女差別かどうかは別として、相撲協会が女性を土俵に上
げない決まりを厳格に実行したいなら、常に男性の看護師
と医師を土俵下に待機させておくべきでしょう。

一応は格闘技なのですから、どんな怪我や病状の悪化が起
こるものかわからないのですからね。

また、女性市長の挨拶を土俵下でしていただくのではなく、
特別な何か敷物をして対応できなかったものかと思う次第
です。



いや、日本相撲協会は、大相撲の性格付けをハッキリさせ
なくてはなりません。

すなわち、スポーツなのか、神事なのか、ショー興行なの
か、格闘技なのか、ですね。

それぞれのいいところ取りだけしようとするから、問題が
常に発生するのです。理事や親方ごとに考え方の温度差も
生じます。

性格のハッキリとしたふたつめの協会があったっていいと
思うのですが、貴乃花親方あたりがガチンコ勝負の格闘技
として別団体を設立したなら、どうでしょうかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:大相撲
posted by 子竜 螢 at 22:57| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする