2018年04月12日

道徳という教科

4月から道徳が教科として小学校教育に導入されました。

また、来年度からは中学校でも導入される予定でして、
ネット上では賛否両論が渦巻いております。



子竜が小学生だった昭和30年代には、道徳という教科が
ちゃんとありましたし、高校生になってからは倫理社会
という教科もありました。

なので、別に違和感を覚えることはないのですが、反対
している人の意見を拾ってみると、価値観の多様化への
圧力と捉えている意見が多いように感じます。



しかし、価値観とはたしかに個々によって違いはあるも
のでしょうけれど、無限に認めるわけにはいきません。

どこかで範囲を決めないことには、みんながやりたいこ
とだけをやるという歪な社会になってしまいます。

モラルの授業って、そんなに悪いことなのですかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:道徳
posted by 子竜 螢 at 23:55| Comment(2) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。