2018年04月18日

マンモスは復活するのか

アメリカのハーバード大学の研究チームでは、1万年前に絶滅
したマンモスのクローンを生み出そうとしているそうです。

アラスカとロシアの間にあるベーリング海峡の小島では4000
年前まで棲息していたことがわかっています。



今回のクローン生成実験では、発見されたマンモスの遺伝子
から胚を作り、22週間培養した後に子供のマンモスを誕生さ
せるというものです。

かつて、愛地球博ではマンモスの頭部のみが展示されており
ましたが、世界各地で冷凍のマンモスが発見されております
ので、今回の実験に至ったようです。



それにしても、その子が成獣になるまで育ってくれたなら、きっ
と猛々しい姿になることでしょうね。

ただし、いつかは人間のクローンを作ろうなどという話になら
ないか、と心配ではあります。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 20:54| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。