2018年04月27日

南北首脳会談

韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩労働党委員長が板門店
で会談いたしました。

会談の場所は、板門店の韓国側にある「平和の家」という施設で
すが、北朝鮮の指導者が韓国側へ足を踏み入れたのは初めて
のことです。



すっかり融和ムードの漂う中継を見て、韓国の国民がネット上で
書いておりますことは、感動・統一といったところです。

そして、金委員長とトランプ大統領の会談も予定されていること
からも、一気に平和ムードへと傾いているようですね。



しかし、金委員長が韓国側に親しくするのと、アメリカと和平を結
ぶのとではまったく性質が違います。

南北会談はあくまでも内政の話であって、韓国が北朝鮮に吸収
合併されようとも、別に構わないのです。他国がとやかく言う問題
ではありません。

でも、アメリカとの和平交渉は、本当に他国との交渉なのですか
ら、米韓会談であろうと米朝会談であろうと、相手にも利がないと
成立するものではないのです。

この会談は、それぞれにとって吉と出るのか凶と出るのか。

いずれ、近いうちに判明するでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 16:01| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。